メディア
Special
» 2020年07月30日 10時00分 公開

Cassia ロケーショニング キット with Azure:屋内リアルタイム測位を開発不要で低コストに実現

屋内で人や物の「位置を知りたい」というニーズに対し、導入時のコストや時間、手間などで二の足を踏むケースは少なくない。東京エレクトロンデバイス(TED)の位置認識ソリューション「Cassia ロケーショニング キット with Azure」は、屋内でのリアルタイム測位システムを低コスト、短期間で簡単に立ち上げられ、スケールアップも容易だ。

[PR/TechFactory]
PR

 「誰か」あるいは「何か」の位置をリアルタイムで認識する手法としては、GPSの利用が一般的になってきたが、屋内や地下などGPSの電波が届かない場所では、別のテクノロジーで実現しなければならない。一方で、屋内で人や物の「位置を知りたい」というニーズは意外と多い。例えば工場の中でも「ベテランの作業者に相談したいけれど、今どこにいるのか」「あの治工具は、今どこで使用されているのか」、あるいは顧客から納期短縮の相談を受ければ「仕掛り品は、今どこの工程まで進んでいるのか」など、思い当たることもあるだろう。位置を認識できる仕組みがなければ、人力で探すしかなく、意外と時間がかかってしまう。

 屋内向けの位置認識ソリューションも存在するが、いくつかの課題がある。

 まずは、導入や設定に時間と手間がかかること。良さそうなデバイスやサービスはあっても、自力で測位ツールやシステム開発を行わなければならないこともあり、ソリューションとして立ち上げるまでに工数がかかる。また、昨今はBluetoothデバイスの選択肢も増えており、すでに何らかを所有している場合もあるだろう。位置認識のために新たにデバイスを購入するのではなく、持っているデバイスを活用したいというニーズもある。

 なにより最大の課題は「導入コスト」だ。システム総額で数百万円というソリューションもあり、必要とはいうもののなかなか導入に踏み切れない。

 これらの課題を解決してくれる位置認識ソリューションが、東京エレクトロンデバイス(TED)の「Cassia ロケーショニング キット with Azure」だ。

短時間、低コストで運用を開始できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:東京エレクトロンデバイス株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部