メディア
Special
» 2020年04月27日 10時00分 公開

ITとOTを融合したEmpress×HPE Edgelineソリューション:グローバル標準のIIoT実現のために急がれるOPC UA対応

工場内には独自仕様の通信プロトコルを使用した設備装置やFA機器が数多く存在している。グローバルなサプライチェーン/バリューチェーンから取り残されないためにも業界標準のIIoTへの対応が不可欠だ。

[PR/TechFactory]
PR

 インダストリー4.0(第四次産業革命)のキーワードに象徴される工場のスマート化、リモートからの稼働監視や予兆保全を中心としたサービス化など、FAを取り巻くトレンドは大きく変化している。特に少子高齢化が進むわが国では人手不足が深刻化し、熟練作業者の匠(たくみ)の技が次世代に継承されないといった問題も顕在化している。

 課題解決の鍵となるのが、Industrial Internet of Things(IIoT、産業用IoT)だ。これにより工場内のさまざまな設備装置やFA機器、センサーからデータを収集して生産プロセスを監視制御し、同時に生産状況も正確に分析できるようになり、コスト削減や品質向上などを実現することができる。

 とはいえ、工場内の設備機器やFA機器の中には、独自仕様の通信プロトコルやインタフェースを使用しているものも数多く存在している。こうした仕様の異なる多種多様なデバイスから発せられるデータを相互に接続し、製造実行システム(MES)や基幹システム(ERP)などと連携させるのは容易なことではない。

 一方で世界に目を向けてみると、インダストリー4.0のレファレンスアーキテクチャモデルの通信層においてドイツが推進するOPC Unified Architecture(OPC UA)が、業界標準の通信プロトコルとして既に定着している。

 日本の製造業もいち早くOPC UAに対応したIIoTの環境整備を進めないと、グローバルなサプライチェーン/バリューチェーンから取り残されてしまう恐れがある。日本の製造業はどうすればOPC UAへの対応を進めていくことができるだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:菱洋エレクトロ株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部