メディア
Special
» 2020年01月15日 10時00分 公開

課題はIT(情報技術)とOT(制御技術)の統合:スマートファクトリー化の土台となる工場ネットワーク、理想像をどう実現するか

製造業のIoT(モノのインターネット)活用が本格化する中、避けて通れないのが「工場内ネットワークをいかにIoTに適した姿に構築して運用管理するか」だ。新しいIoTネットワークの正しい形とそれを実現するアプローチについて考察する。

[PR/TechFactory]
PR

 製造業のIoT(モノのインターネット)活用への意欲は非常に高いが、その中でも特に動きが活発なのがスマートファクトリー化などを含む工場内でのIoT活用だ。シスコシステムズによる製造業を対象とした調査結果によると、IoTの実践によって期待する具体的な成果として「48%のダウンタイム低減」や「16%の生産効率向上」「49%の事故や不具合の削減」「35%の在庫回転率の改善」などが挙がったという。IoTの活用といえばさまざまなものが考えられるが、挙がった項目はほとんどが工場の中でのものであり、工場IoTへの期待値の高さがうかがえる。

 ただ、これらの期待値が高い一方で、工場内のIoT活用はさまざまな難しさを抱えている。その中でも意外に障害となるケースが多いのが、工場内でのネットワーク構築である。

※本稿は、MONOistからの転載記事です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:シスコシステムズ合同会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部