メディア
Special
» 2019年11月27日 10時00分 公開

AWSをベースとする管理・活用・構築での3社3様のアプローチ:進化を遂げるMaaS向けデータ基盤の“今”

CASEやMaaSへの関心が急速な盛り上がりを見せている。だが、その一方で、新ビジネスの立ち上げに向けたデータ管理/活用の在り方については、いまだ議論の余地が数多く残されている。この状況を踏まえ、アマゾン ウェブ サービス ジャパンは10月、モビリティビジネスに焦点を絞ったプライベートイベント「AWS Autotech Forum 2019」を開催。果たして、そこで何が語られたのか。

[PR/TechFactory]
PR

 完成車メーカーを中心とした自動車ビジネスは、今、CASE(Connected、Autonomous、Shared&Services、Electric)、さらにMaaS(Mobility as a Service)という大波により、他業界を巻き込みつつ急速に広がりつつある。そのグローバルでの市場規模は、2030年には現在の倍となる700兆円に達するとの試算もある。

 この新市場を目指し大手メーカーの合従連衡が相次ぐ。その裏には、技術対応での合理性だけでなく、具体的なビジネスと技術の深耕が、いまだ途上という現実もある。

 中でも大きな課題と位置付けられるのが、「モビリティデータをどう集めて活用するか」だ。この点について、データの膨大さなどから、基盤整備の現実解がクラウドであることまでは理解が進む。ただし、ビジネスの具現化に向け、データ管理の在り方や、具体的な抽出/加工法、法制対応などの課題が山積していることも周知のとおりだ。

 アマゾン ウェブ サービス ジャパンは10月、モビリティビジネスに焦点を絞ったプライベートイベント「AWS Autotech Forum 2019」を開催。データ基盤の開発や整備支援に取り組む3社が、モビリティビジネスの現状と今後の展望を解説した。

開発効率を抜本的に高めるデータ基盤――Autonomic

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部