Special
» 2019年10月03日 10時00分 公開

スマートファクトリー:工場の生産を担う人手作業、どうすれば品質を確保できるのか

工場の多くの工程が人手による作業に依存しており、熟練技術者のリタイアや熟練技能の継承が進まないことも相まって、製品の品質や歩留まりに影響を与えている。こうした課題に対して、AIなどの技術を用いることなく、市販のVGAカメラで解決できるソリューションがある。

[PR/TechFactory]
PR

 近年、FAや産業用ロボットなどの導入拡大により工場の自動化が進んでいる。とはいえ、工場内においては、人手による作業に依存している工程がいまだに多いのも事実だ。

 そんな工場で今、大きな問題が顕在化してきている。これまで人手作業を担ってきた熟練技術者が高齢化し、次々にリタイアしているのだ。次の世代に熟練技能を継承できれば問題はないのだが、スムーズには進んでいない。リーマンショック時に人材採用を抑制せざるをえなかった影響で、中堅どころの作業者は極めて層が薄いからだ。その穴を埋める若手を採用したくても、今やあらゆる業界に広がる深刻な人手不足により、難しい状況にあるのは周知の通りである。

 結果として、工場内の作業者は、期間労働者やアルバイト、外国人労働者などが混在し、多様化が進んでいる。当然のことながら、作業品質にバラツキが大きく、製品の歩留まりにも大きく影響する。やっと作業に慣れて品質が安定してきたところで作業者が辞めてしまうなど、人材の定着率の低さも悩みのタネだ。

 では、打ち手がないのかといえばそうでもない。作業者が標準作業から逸脱した場合にアラートを出したり、熟練技術者の作業内容をお手本として技能伝承に役立てたりすれば、課題解決に大きく前進する。これを、AI(人工知能)などの技術を用いずに、市販のVGAカメラで実現するソリューションがある。以下に具体的に紹介していこう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社日立製作所
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部/掲載内容有効期限:2019年12月2日