メディア
Special
» 2019年08月30日 10時00分 公開

いまこそ製造現場と情シスが手を握れ!:スマートファクトリー実現のための「IT/OTネットワーク融合の現実解」とは?

製造業が抱える厳しい状況を打破するには、テクノロジーでカバーするしかない。そのためIoT/AI/クラウドを活用したスマートファクトリーへの関心が高まっている。いま製造業はどんな課題を抱え、それを解決するためのスマートファクトリーでは何を、どう進めていくべきなのか。製造業の現場、特に工場の生産技術部門が抱える課題について知見を持つ3社のキーマンが集結、スマートファクトリー実現への道筋を探る。

[PR/TechFactory]
PR

 工場の内外をネットワークで結び、現場から収集される多様なデータを活用することで、生産工程の全体最適化を通じた省力化や自動化、技術革新を目指す「スマートファクトリー」。グローバル化や異業種の参入で競争環境が日々激化している製造業で、スマートファクトリーへのいち早い対応があらゆるメーカーにとって急務となっている。では、そのために何を、どう進めていくべきなのか。

 日立システムズのネットワークセキュリティサービス事業部 ネットワークデジタライゼーション本部 第一部 第五グループで主任技師を務める渡會祐介氏と、Moxaのアジア営業本部 日本営業でIIoT事業開発マネージャーを務める長澤宣和氏、ジェイティ エンジニアリングのシステムインテグレーション部で企画開発担当 シニアコンサルタントを務める福田敏博氏の3氏が、

渡會氏――ネットワークSIを中心としたNWエンジニア
長澤氏――産業機器ネットワーク機器メーカーの日本事業開発担当
福田氏――OTセキュリティにおけるコンサルタント

という立場の専門家として製造業の現場への深い知見を基に、スマートファクトリーの実現の道筋を探った。

ガイドライン対応や先端ITの活用を阻む“深刻な人手不足”

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社日立システムズ
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部/掲載内容有効期限:2019年10月29日