Special
» 2019年08月19日 10時00分 公開

製造業IoT:製造現場のデータ活用、「価値」を生み出すまでの最短ルートを進むためには?

製造業でもデジタル変革の動きが加速している。しかし、データ活用のサイクルがうまく構築できず、実際に価値を創出できている企業は少ない。この課題を解決するために必要なものとは何か。

[PR/TechFactory]
PR

 第4次産業革命の実現に向け、“製造業のデジタル変革”の動きが加速している。こうした大きなうねりの中で重要な鍵を握るのが、スマートファクトリー化の実現や新たな価値創出の源泉となる「データ」の存在だ。

 IoT(モノのインターネット)という枠組みの中で、あらゆるものをつなげ、センサー情報や工場設備の稼働情報を収集、蓄積し、それらビッグデータをAI(人工知能)で分析することで、現実世界の動きを可視化したり、さらには知見や新たな洞察を得ることで、将来予測につなげたりすることが可能となる。

 こうした大きな期待感から今、多くの製造現場がデータ活用に高い関心を示し、具体的な実証実験などをしている。しかしながら現状を見渡してみると、期待通りの価値に結び付けられている企業は意外にも少ない。

 その背景には、「データ活用で何らかの価値を得たい」と考えてから「実際にビジネス価値を得る」までの間に大きなギャップがあり、これを乗り越えるのに大きな負担が強いられるという現実があるからだ。

 どうすれば、価値創出につながるデータ活用のサイクルを負担なく、効率的に構築できるのか。そのために何が必要なのか。「価値につながるデータ活用のポイント」について、以下で詳しく説明しよう。

本稿は、MONOistからの転載記事です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:SAS Institute Japan株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部/掲載内容有効期限:2019年10月18日