Special
» 2019年07月26日 10時00分 公開

SAPの2025年問題への提言:SAPの画面開発を容易にしてSAP S/4HANAにも対応する方法とは

SAP ERPを業務に合わせて変更したいが、SIerに依頼すればコストも時間もかかる――この課題を払拭し、自社のIT部門による内製化を実現する方法が注目を集める。2025年問題を乗り切る鍵にもなるというが、その方法とは。

[PR/TechFactory]
PR

 SAP ERPをいかに基幹業務のプロセスに適合させるのか――多くの企業が頭を悩ませてきた。実際に、日本企業の多くは業務フローにSAP ERPを合わせるため、カスタマイズやABAP言語を用いたアドオン開発を行ってきた。しかし、アドオン開発には外注コストがかかり、開発期間も長期にわたることが企業の生産性を下げてきた。

 SAPユーザーが直面している課題として「2025年問題」もある。2025年までに最新の「SAP S/4HANA」に移行する必要があるが、既存のアドオンを生かすことができず再開発するとなれば、一体どれだけのコストや時間が必要になるのか。

 この課題に対して、画面開発の内製化を可能にし、低コストかつスピーディーにSAP ERPの画面をカスタマイズできる方法がある。採用企業は、時代の変化や業務のニーズに素早くシステムを適用させ、SAP ERP回りの業務の生産性を劇的に向上させた。その方法はSAP環境に直接影響を与えることなく、SAP ERPで行った画面変更をほぼそのまま、最小限の作業負荷でSAP S/4HANAに流用できるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社アイブリッジ
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部/掲載内容有効期限:2019年9月19日