Special
» 2019年03月11日 10時00分 公開

現場がすぐ使える製造業向け需要予測AI:カギは「何のために」「どれを」「どう」分析し「定着」させるか――AI活用を加速させる現実的な道筋とは?

他社との差別化の上で、もはや無視できない存在となっているのが「AI(人工知能)」だ。いま、労働力不足という状況のなかで顧客ニーズの多様化への迅速な対応も求められる製造業では、AIが今までのカイゼン活動をさらに高度化させると期待されている。だがAIはその特性から難題をいくつも抱え、そのことが特に利用経験のない企業にとってはネックとなっている。こうした中、AI活用で一歩先んじるための現実解が登場した。どんな課題をどんな手法で解決するのだろうか。

[PR/TechFactory]
PR

 ICTを活用した製造業革新の動きは加速する一方だ。中でもここ数年で利用が加速し、いくつもの成果をあげているのがAIである。

 その実力は明らかだ。「データは意思決定に寄与する経営資産」との考えから、企業ではその価値を引き出すための多様な分析活動が実施されてきたが、人手で行える範囲にはおのずと限界があった。また従来のシステムでは、頻繁に発生する変化に対して、柔軟に対応していくことは容易ではない。それをAIだと日々発生する膨大なデータを継続的に学習することができるので、日々のカイゼン活動や顧客ニーズの変化に合わせ、継続的に判断精度を磨いていくことができる。

 だが、AI活用は一筋縄でいくものではない。AIを使いこなすには専門知識を備えたデータサイエンティストが欠かせないが、そうした人材を豊富に抱える企業は現時点では少ない。また、分析精度を高めるにはデータ間のつながり、つまり、どのデータがどこにどれほど影響を与えるかについての深い理解が不可欠なのだが、データサイエンティストは分析の専門家である一方で、分析のために必要な現場業務への理解については必ずしも十分でないのが実情である。

 とはいえAIが製造業のあらゆる場面に革新をもたらすことは紛れもない事実だ。その実現に向け、どの業務にAIを適用するのかを見極め、現場の定着化までどう実現できるのか、というAIの実用に向けた課題の克服が急務となっている。そうした中、この課題への現実解が注目を集めている。AIの使い勝手を高め、活用の拡大、さらに業務の高度化を支援する「NEC Advanced Analytics Platform Solution Templates(以下、AAPF Solution Templates)」である。このAAPF Solution Templatesについて徹底的に解説していこう。

各分野の“プロ”の連携を円滑化する共通基盤

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本電気株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部/掲載内容有効期限:2019年4月6日