Special
» 2019年01月24日 10時00分 公開

自動化で効率はこうも変わる:「3時間から数分に」作業工程を短縮 日立製作所が導入したOSS利用の仕組み

開発のスピードアップやコスト削減のために、オープンソースソフトウェア(OSS)は欠かせない存在になった。ただしOSSを活用するにはライセンスの順守が大前提であり、担当者の頭を悩ます問題でもある。

[PR/TechFactory]
PR

 コストを抑制しつつ、迅速に製品やサービスをリリースするために、オープンソースソフトウェア(OSS)の力が必要になっている。OSSの利用はITシステムをはじめ、家電、IoT(モノのインターネット)、自動車など業界を問わず当然のように利用されている。

 ただしOSSの利用にはリスクが伴う。「無償で使えるから」と安易に利用してOSSのライセンスを侵害してしまうケースが後を立たない。ライセンス違反として批判を受けたり、使用差し止め、さらには損害賠償を求められたりするケースもある。OSSも商用ソフトウェアのように、利用、改変、再配布に当たって権利と義務を定めたそのライセンスを守らなければならない。

 OSSのライセンスを順守するためには適切な管理が必要だが、ライセンスの複雑さが担当者の悩みの種になっている。こうした課題に直面していた日立製作所は、OSSのライセンス確認作業を自動化し、劇的にその作業工程を効率化した。日立製作所はどのようにしてその仕組みを導入したのか紹介しよう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本シノプシス合同会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部/掲載内容有効期限:2019年3月31日