Special
» 2018年12月11日 10時00分 公開

クラウドがシミュレーションにもたらす価値:製造業で高まる解析への需要、実は手軽に導入できるクラウド解析

複雑さを増すモノづくりの世界では、シミュレーションに対するニーズが年々高まりを見せている。しかし、実際の現場では、ピーク時に解析のジョブ待ちが発生し、業務が停滞してしまったり、解析に時間がかかり過ぎるため、ジョブ数を減らして実行したりなど、さまざまな制約の中で運用が行われている。こうした現状を打破する存在として今、その活用に対する理解が深まりつつあるのがクラウドだ。

[PR/TechFactory]
PR

 自動車業界における電動化や自動運転に代表されるように、モノづくりを取り巻く環境は急速に変化しており、複雑さを増している。このような状況に伴い、シミュレーションに対するニーズも急速に高まっており、企業の競争力強化、さらにはイノベーション創出を実現する上で欠かせないものとなっている。

 ここで、皆さんの現場環境を振り返ってみてほしい。例えば、コンピュータの性能が足りず、解析結果を得るのに膨大な時間を要していないだろうか。また、ピーク時に解析のジョブ待ちが発生し、業務が停滞していないだろうか。こうした状況であるが故に本来多くのジョブを実行したいところ、数を制限して解析を行っていないだろうか。

 解析規模や頻度によっては、自社のITインフラ投資にムダが生じているかもしれないし、企業によってはITインフラのメンテナンス要員を確保するのが難しいかもしれない。当然、自社で用意できる環境もコストなどの制約から限界があるし、大規模化するシミュレーション要求に応えられる最新環境を維持し続けることは難しい。このように現在多くの現場で、何らかの制約や不都合が生じており、それを踏まえた上での運用が行われている。

 そして、今――。こうした状況を打破できる存在として、製造業でもクラウド利用に対する理解が深まりつつある。

 モノづくりにおける世界的企業のダッソー・システムズでは、さまざまな顧客ニーズを満たす柔軟かつセキュアなクラウドソリューションを展開。現在、スタートアップ企業を含む中堅・中小企業や、既存ユーザーに向けて、クラウド利用の障壁を下げ、「3DEXPERIENCEプラットフォーム」の機能をクラウド上で最大限に活用できるプロモーションを強化している。その中身とは一体どのようなものだろうか。

シミュレーションにおけるクラウド活用を後押しする要因

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ダッソー・システムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部/掲載内容有効期限:2019年2月10日