Special
» 2018年11月14日 10時00分 公開

測定データの解析で工程管理から品質向上まで:高性能センサーとモニター装置が実現する「スマートファクトリーのコスト革命」

生産工程の効率化や品質管理の向上を図る改革の切り札として「スマートファクトリー」への関心が高まっているが、その実現には導入コストや維持管理など課題も多く、改革に踏み切れない現場も少なくない。こうしたスマートファクトリーの課題をクリアし、手軽かつ安価に導入できる方法として、高性能センサーを使ったソリューションが注目されている。製造工程/組み立て工程/品質管理の全てでセンサーを活用し、測定データを解析することで工程管理から品質向上まで実現できる画期的なシステムとは?

[PR/TechFactory]
PR

 モノづくりの現場ではスマートファクトリーの波が押し寄せ、生産工程の効率化や品質管理の向上施策がさまざまな方面から提案されている。グローバルでの競争に勝ち抜くためにはこうした改革は必要不可欠だが、日本の製造現場では依然として社員の経験や勘に頼る“従来型モノづくり”が多数残っている。この先の労働力不足、技能知識の伝承といった課題の視点からも、改革にいち早く取り組むことが企業の成長や競争力につながることは間違いない。

 生産効率化に向けてのシステムの導入に、技術面やコスト面で障壁を感じる製造現場もあるだろう。だが、製造工程や組み立て工程で使われる各種装置にセンサーを取り付け、そこで測定したデータを解析することで工程管理から品質向上まで活用できるシステムがあれば、導入や活用における懸念点を乗り越えることも難しくない。

 世界的センサーメーカー、キスラーでは、主力製品のセンサーを軸に製造工程を最適化し、生産効率化や大幅なコストダウンの実現を目指すソリューションの提供を積極的に進めている。精度と信頼性が評価されている同社製のセンサーで取得した高精度のデータであるからこそ成立する“顧客に最適なスマート工場ソリューション”とはどんなものだろうか。

高性能な独自センサーを有する専業メーカーだからこそ実現する改革

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本キスラー株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部/掲載内容有効期限:2019年1月13日