Special
» 2018年08月24日 10時00分 公開

レノボ・ジャパン提供ebook:デザイン検証時のモックアップ製作コストを大幅削減できるVR向け触覚デバイス

日産自動車が初期のデザインレビューにおいて採用を検討している「『CADデータに触れる』3Dデザインレビューシステム」をご存じだろうか。同システムを開発するスタートアップ企業のexiii(イクシー)に話を聞いた。

[ITmedia]
PR

 VR(仮想現実)技術はコンシューマー領域だけではなく、ビジネス領域でこそ力を発揮する。既に製造業の世界では、デザインレビューや機器メンテナンスなどのトレーニング領域において活用が進みつつある。

 こうした流れをけん引しているのが自動車業界であるが、従来のVRシステムが提供する“視聴覚による情報”だけでは、より現実に近い形でのビジネス利用は難しい……。

 そこに着目したのがスタートアップ企業のexiii(イクシー)だ。彼らはVR内のオブジェクトに“触れる感覚”を再現するVR向け触覚ウェアラブルデバイス「EXOS(エクソス)」を開発。“VR×触覚”による新たな体験をビジネス領域へ展開する……(詳しくは本ホワイトペーパーをダウンロードの上、ご覧ください)。

※本資料はTechFactoryの記事をまとめたブックレットです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:レノボ・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部/掲載内容有効期限:2018年9月30日