メディア
Special
» 2015年12月01日 10時00分 公開

CAEをクラウドで使うために必要な条件は何か製造業からみたパブリッククラウドとしてのSoftLayerの利点

製造業のさまざまな要件を満足させる魅力的なクラウドは何か。長きにわたり製造業向けサービスを展開してきたシステムインテグレーターの出した答えは?

[PR/TechFactory]
PR

 CAEやCAD、PLMやPDMといったデジタルエンジニアリング(DE)のクラウド化が加速している。クラウドにおけるユーザーの期待効果は、データの集約による管理性の向上や情報漏えい対策・柔軟性などさまざまだ。長きにわたり製造業向けサービスを展開してきたシステムインテグレーターの伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)は製造業のニーズを満足させるパブリッククラウドを比較、検討してきた。その結果、多くの顧客を満足させるクラウドが見えてきたという。

 CTC エンタープライズシステム事業企画室 ビジネスソリューション推進部 エグゼクティブエンジニアの井出貴臣氏は、「DEのクラウド化はデスクトップ仮想化が肝であり、ポイントは3つ。1つ目はvGPU(グラフィック仮想化)が使えること。2つ目はクライアントのOSが使えること。3つ目はアプリケーションのハードウェア/クラウドに対する動作保証とライセンスポリシである。そしてこれらを満たすクラウドとして挙がってくるのが、SoftLayer」と語る。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部/掲載内容有効期限:2016年1月31日