メディア
Special
» 2015年08月24日 10時00分 公開

「つながる工場」の基盤は“変種変量生産”時代の特効薬今から役立つ工場ネットワーク

インダストリー4.0など製造業革新の動きが注目を浴びる中、その第一歩として「つながる工場」への注目が高まっている。IoTを活用した次世代工場の実現は「まだ先」と考える企業は多いが、実はその第一歩として取り組む工場ネットワーク基盤の整備は、工場の柔軟性を高め、製造業務の効率を向上させるなど、今現在の工場の課題解決にも大きく貢献する。工場ネットワーク基盤を整備する価値をあらためて紹介する。

[PR/TechFactory]
PR

 ドイツのモノづくり革新プロジェクト「インダストリー4.0」など、IoT(Internet of Things、モノのインターネット)を活用した製造業革新に大きな注目が集まっている。第4次産業革命ともいわれるこの大きな変化の中で、工場も「つながる工場」への進化が求められているところだ。

 インダストリー4.0で描かれているような世界が実現されるのは2020〜2030年だといわれており、多くの企業にとって「まだ先」のことだと捉えられているが、実は「つながる工場」実現のためのネットワーク基盤の整備は「今」にも大きな効果を発揮する。「今」役立つ工場ネットワーク基盤の価値とその技術について紹介する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本電気株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部/掲載内容有効期限:2017年3月31日