メディア
Special
» 2015年01月15日 10時00分 公開

日立の産業用コンピュータが24時間連続で10年間運用できる理由産業用コンピュータ HF-Wシリーズ

日本の製造業が、浮き沈みの激しい民生機器から、需要の安定した自動車や産業機器、社会インフラなどへのシフトを進める中、日立製作所 インフラシステム社の産業用コンピュータ「HF-Wシリーズ」が注目を集めている。24時間連続で10年間運用できるHF-Wシリーズの開発の背景とその秘密に迫った。

[PR/TechFactory]
PR

 日本の製造業が、浮き沈みの激しい民生機器から、需要の安定した自動車や産業機器、社会インフラなどへのシフトを進める中、日立製作所 インフラシステム社の産業用コンピュータ「HF-Wシリーズ」が注目を集めている。

 HF-Wシリーズの最大の特長は、長期間にわたって運用することのできる機能とサポート体制にある。長期利用における信頼性を重視したハードウェア/ソフトウェアの設計開発だけでなく、国内工場生産による信頼性や早期サポート体制が評価され、監視システムや半導体製造装置などで広く採用されている。

 10年間/24時間連続で運用することが可能(※1)というHF-Wシリーズだが、どういった背景で開発され、どのような機能を有しているのだろうか。その詳細を見て行こう。

(※1)使用期間10年間は、有寿命部品であるハードディスクドライブ(HDD)、防じんフィルター、光学ドライブは除きます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社日立製作所 インフラシステム社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部/掲載内容有効期限:2015年3月14日