Special
» 2017年09月11日 10時00分 UPDATE

ERPから始める働き方改革:経営層と現場の課題を一挙に解決する“欲張り”なERPが必要な理由

目先の課題に追われていては過酷な競争に勝てない。経営層と現場のどちらを優先するかではなく、その両方をサポートするERPが必要だ。

[PR/TechFactory]

 企業経営を総合的に支えるERP(Enterprise Resources Planning)といえば、これまではオンプレミス環境での運用が一般的だった。しかし、中堅企業を中心に意識の変化が生じている。「もうオンプレミスは限界だ」

 もともと中堅企業の情報システム部門は、大企業に比べて人員不足という課題を抱え、日々の運用で手いっぱい。しかし、IT環境は複雑化し、数年ごとに発生するリプレースとカスタマイズ対応は、大きな負担となって圧し掛かってきた。

 「ERPのクラウド化」が注目されるのは当然の流れだろう。だが、コスト削減や運用の効率化だけを目的としたクラウド化では十分な成果は得られない。ERPの本質である「経営に必要なデータを的確に提供できる機能」も備えていなければならない。

 会計や人事給与は、ERPのクラウド化の最有力となる領域だ。本稿では、クラウドも活用して経営と現場の双方のニーズを満たす新たなERPを実現する方法を紹介する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社富士通マーケティング
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部/掲載内容有効期限:2017年9月30日