Special
» 2017年09月11日 10時00分 公開

データ活用こそが企業経営の分岐点:経営者が本当に欲しいデータを簡単に見える化する方法

常に経営者は企業のかじ取りに役立つデータ活用ツールを求めている。だが、その本音は「機能」が欲しいわけではない。実績に裏打ちされたノウハウが必要なのだ。

[PR/TechFactory]

 ERP(Enterprise Resources Planning)には、企業活動に関する情報が集積される。だから経営層は「ERP上のデータを活用して企業経営に必要な知見を得たい」と常に考えている。しかし、技術や知識不足で悩むことの多い中堅企業において、高度なBI(ビジネスインテリジェンス)ツールを導入し、経営者のニーズに合わせてカスタマイズし、経営に役立つ情報を的確に提供することは困難だ。

 キーマンズネットが実施した読者調査「データ分析ツールの導入状況(2015年)」において、「分析・活用したいと感じているデータ内容」について問うたところ、「販売・財務などの構造化データ」が首位(45.3%)であった。

 だが、利用中の分析ツールは「表計算ソフト」が63%を占める結果となった。そこには「リアルタイムにデータを扱えない」ことの不満や、「(BIのような高度な分析ツールを扱ったり、データを分析したりする)技術者がいない」という課題がある。

データ分析/活用のために導入しているツール データ分析/活用のために導入しているツール《クリックで拡大》

 そこで本稿では、このような悩みや課題を解決し、誰でも手軽に経営に必要なデータや知見を可視化できる方法を紹介しよう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社富士通マーケティング
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部/掲載内容有効期限:2017年10月31日