Special
» 2017年08月04日 10時00分 UPDATE

製造現場のAI活用:製造現場の検査工程にAIがハマるこれだけの理由

インダストリー4.0など、スマートファクトリー化への動きが盛り上がりを見せる中、自動化や自律化の動きに取り残されそうになっているのが「検査工程」である。人手不足が指摘される中で今後はさらに工程の維持が難しくなる。その救世主として期待されるのがAI(人工知能)技術である。

[PR/TechFactory]
PR

 ドイツのインダストリー4.0など、スマートファクトリー化を進める動きが日本でも本格化している。マスカスタマイゼーションの実現に向け、さまざまな工程の自動化や自律化が進んでいるが、その流れに取り残されそうになっているのが「検査工程」である。

 検査工程は以前から「完全自動化」が難しいとされてきた領域だ。大量生産品でなければ専用の機材などを導入する費用対効果が合わず、結果として人手を中心とした検査が数多く残されている状況である。従来は技術的に難しく「仕方ない」と見過ごされてきたが、ここ最近ようやく状況が変わりつつある。AI(人工知能)関連技術が大幅に進化しているからである。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本電気株式会社
アイティメディア営業企画/制作:MONOist 編集部/掲載内容有効期限:2017年9月30日