Special
» 2017年01月25日 10時00分 UPDATE

製造業IoTを具体化する「フォグコンピューティング」:製造業IoTの現実解を示す「フォグ」、生産現場へのネットワーク導入に必要なものとは?

製造業においてもIoTは既に現場へ投入しなくてはならない段階の重要事項であるが、具体的な実装に際しての課題は山積している。その製造業IoTの“現実解”として注目すべきは「フォグコンピューティング」の考え方だ。

[PR/TechFactory]
PR

 もはやバズワードという域を超え、製造業に携わる者としても身近な言葉の1つとなりつつあるIoT(Internet of Things)だが、誤解を恐れずに言えば、「AI」と同様、まだその言葉の意味や具体例、定義には揺らぎがあり、万人が見解を共有するには至っていない。

 「モノのインターネット」と呼ばれ、「モノとモノをネットワークでつなげることで新たな価値を生む」というあたりまでは共通見解の内にあるといえるが、その具体化は導入する業種や職種、現場にあわせる必要があり、「デバイスがネットワークで接続されていればIoT」というワケではない。では製造業IoTにおいて、その現実解はどこにあるだろうか。

製造業IoTの現実解は「霧」の中に

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ユニアデックス株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部/掲載内容有効期限:2017年3月24日