メディア

[PR]プロダクトベースのデータマネジメント〜モノづくりの変革力をあげるデータ連携〜

グローバルでは、サプライチェーンのリスクは依然として高く、部材や資源の供給不足など 不確実性はますます高まっています。そういった予期せぬリスクに、柔軟にスピーディーな 対応を実現するには、プロダクトベースでのデータ連携が必要不可欠となってきます。 プロダクトごとに設計から製造、調達までデータがシームレスにつながることで、モノづくり の変革力があがる事例やソリューションを紹介します。

製品・ソリューション

キナクシス・ジャパン株式会社

サプライチェーンにおいて「コンカレンシー(同期、同時並列)」のコンセプトを導入して、成果を上げている企業が数多くある。コンカレントプランニングには、変化への対応を瞬時に行えるという利点があるのだ。その詳細に迫る。

キナクシス・ジャパン株式会社

サプライチェーンの整備・強化は企業の重要な戦略の1つだが、変革がなかなか進まないケースも多い。最適なサプライチェーンを構築するには、サプライチェーンプランニングの成熟度を高めることが必要になる。

関連記事

MONOist 2022年展望:

ワクチン接種なども含め“Withコロナ”への動きが進んだ2021年。製造業においても復調が期待されたが、そこに水を差したのが半導体不足などを含むサプライチェーン混乱だ。2022年はこれらへの一時的対処が進む一方、今後も断続的に生まれるサプライチェーンの問題を抑制するような根本的な対応強化も進む見込みだ。

(2022年1月5日)
サプライチェーン改革:

キナクシスは2021年12月1日、サプライチェーンマネジメントのデジタル化をテーマとしたイベント「BIG IDEAS in Supply Chain|JAPAN」をオンラインで開催した。本稿では当日のプログラムから、カシオ計算機が展開する時計ブランド「G-SHOCK」のカスタマイズサービス「MY G-SHOCK」を支えるDXを解説したセミナーを抜粋して紹介する。

(2021年12月6日)
製造ITニュース:

トレンドマイクロは2022年1月12日、2021年に生じたサイバーセキュリティに関する主要な動向について解説するセミナーを開催した。増加するサプライチェーン経由のサイバー攻撃について説明するとともに、こうした攻撃の被害が、1社にとどまらず業界全体に波及する可能性を指摘した。

(2022年1月19日)
製造マネジメントニュース:

半導体や電子部品の通販Webサイトなどを手掛けるコアスタッフは2021年6月30日、不足が叫ばれている半導体に関する考察と、これらの状況に対する同社の取り組みについて発表した。

(2021年7月1日)
製造業DXの鍵−デジタルサプライチェーン推進の勘所(5):

サプライチェーンにおける業務改革を推進する中で、デジタルがもたらす効果や実現に向けて乗り越えなければならない課題、事例、推進上のポイントを紹介する本連載。第5回は、デジタルサプライチェーンツインの実現に必要なサプライチェーンモデルとデジタル基盤について紹介する。

(2020年10月7日)
材料技術:

オランダの化学大手DSMの日本法人ディーエスエムジャパンエンジニアリングプラスチックスは2019年5月29日、東京都内で説明会を開き、ポリアミド66(PA66、ナイロン)の需給見通しについて紹介した。

(2019年6月3日)

提供:キナクシス・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory編集部/掲載内容有効期限:2022年3月30日

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.