メディア

[PR]建設現場に変革を起こす"真のDX"

新型コロナウイルス感染症は、期せずして建設業界の働き方にも大きな影響を与えました。本特集ではこうしたコロナ禍における、ニューノーマルな建設現場の実現に不可欠なデジタルツールにフォーカス。建設現場のデジタルシフトを加速させるテクノロジーの活用事例、使用方法などを紹介します。

TOP stories

導入事例

清水建設は、2023年3月の竣工時に日本一の高さとなる虎ノ門・麻布台プロジェクトのA街区新築工事で、施工管理を効率化する分電盤タイプのデジタルデバイスを計127台導入し、施工管理の効率化をはじめ、超・超高層エリアでのWi-Fi網構築による自動搬送ロボットの自律運行や現場動画の送受信などに役立てている。

SpecialContents

株式会社オーク情報システム

国土交通省の進めるi-Constructionにより、DXの機運が着実に盛り上がりつつある建設業界。ただし、現段階での取り組みの大半は、従来の紙ベースの作業を単にデジタイズしただけのレベルにとどまっていることが少なくない。こうしたなかで、建設DXの起爆剤として注目を集めているのが、米StructionSiteが開発した建設現場向けクラウド型画像管理システム「StructionSite」だ。StructionSiteがいかにして、本当の意味での建設現場のデジタル変革をもたらすのか――。

製品・ソリューション紹介

株式会社オーク情報システム

2024年4月から時間外労働の罰則付き上限規制が建設業にも適用される。建設現場の生産性向上に向けた建設DXは急務であり、その推進には建設現場のデジタル化が必要だ。現場の生産性を高めつつ、建設DXをスタートさせる方法を紹介する。

関連記事

ロボット:

竹中工務店と竹中土木は、四足歩行ロボット「Spot」を用いた現場監視の有効性を建築と土木の実現場で検証した。両社は、Spotによる現場の自動巡回が、2024年に建設業に適用される時間外労働の上限規制への有効な対応策になり得ると期待を寄せており、今後は搭載機器のユニット化やOS開発などを進める。

(2021年9月17日)
“土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフト(1):

ここ数年、国が旗振り役となって推進しているi-Constructionの進捗により、土木分野でのAI活用が進んでいる。本連載では、「土木学会 構造工学でのAI活用に関する研究小委員会」で副委員長を務める阿部雅人氏が、AIをどのように使いこなしていくかの観点から、AIと土木の現状や課題、その先の将来ビジョンについて考えていきます。連載第1回は、これまでに3度起きたAIブームを振り返ります。

(2021年5月18日)
ICT:

竹中工務店は日本システムウエア(NSW)と共同で、産業用スマートグラス「RealWear(HMT-1)」とMicrosoftのビデオ会議システム「Microsoft Teams」を組み合わせた遠隔臨場システムを構築した。両社は引き続き、RealWearとMicrosoft Teamsを活用した現場作業のデジタル化を推進し、熟練者の若手技術者支援や建設現場の安全巡回点検などに適用していく。

(2021年9月14日)
BIM:

竹中工務店は、カナモトとアクティオとともに、センシンロボティクス製プラットフォーム「SENSYN CORE」とBIMを活用し、ドローンの「屋内外自律飛行システム」を構築して、実証実験で有効性を確認した。今後は、屋内外自律飛行システムの試験運用を重ね、BIMの活用範囲を拡大し、利便性向上を図れる機能の開発を進める。加えて、開発中の建設ロボットプラットフォームを使い、ドローンとロボットの連携も推進する。

(2021年9月22日)
現場管理:

東急建設がウェアラブルセンサーから取得した連続した体温データの解析から発症の兆しを検出する「熱中症予防管理システム」の実証実験を都内の建設現場で開始。深部体温に着目し、ウェアラブルセンサーにより臍部周辺から深部体温の近似値データを連続して取得し解析する。

(2021年9月8日)
産業動向:

竹中工務店は、カナモトやレンタルのニッケンと共同で、外装カーテンウォールの取り付けを効率化するマシン「カーテンウォーカーEV」を開発した。今後は、カーテンウォーカーEVの適用回数を増やすとともに、改良を重ね、2021年10月をめどにカナモトとレンタルのニッケンよりレンタルを開始する予定だ。

(2021年8月23日)
BIM:

大林組は、次世代の施工管理プラットフォームと位置付けるBIMと連携したビジュアル工程管理システム「プロミエ」を開発した。

(2021年8月17日)
現場管理:

リコーは、建設現場向けに、薄型かつ軽量で防塵・防水の性能も備えた42インチ電子ペーパーデバイス「RICOH eWhiteboard 4200」を発売した。同時に専用のクラウドサービスも展開し、工事現場と事務所など遠隔にあるデバイス同士での図面や情報の共有も可能になる。

(2021年7月29日)
建設専門コンサルが説く「これからの市場で生き抜く術」(3):

本連載では、経営コンサルタント業界のパイオニア・タナベ経営が開催している建設業向け研究会「建設ソリューション成長戦略研究会」を担う建設専門コンサルタントが、業界が抱える諸問題の突破口となる経営戦略や社内改革などについて、各回テーマを設定してリレー形式で解説していく。第3回は、企業の持続的発展を支えるキーサクセスファクター(主要成功要因)となる、技術力を伝え、次の世代が吸収し、いち早く成長できる仕組みづくりの成功例を紹介する。

(2021年7月27日)

提供:株式会社オーク情報システム
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory編集部/掲載内容有効期限:2021年12月17日

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.