メディア

[PR]エッジコンピューティング 〜製造現場で成果を出すデータ活用〜

製造業でもIoTやAIなど先進のデジタル技術を活用したスマートファクトリー化への取り組みが着実に進んでいます。しかし、「成果」を得られている企業はごく一部に限られ、半数以上の企業で期待していた効果が得られていないというのが実情です。製造現場の課題を解決し、現場で手軽にデータ活用が実現できるエッジコンピューティングを特集します。

製品・ソリューション

株式会社NTC

工場の生産性向上や設備保守の自動化を実現すべく、IoTの活用を進めたいと考える製造業は多い。IoTによって「ムリ・ムラ・ムダ」をなくした平準化への取り組みを開始した多久製作所の事例から、効果的なIoTの活用法を探る。

株式会社NTC

働き手不足や技術/ノウハウの継承など、さまざまな課題を抱えている製造現場。それらの解決策として注目されるのが、人の経験や感覚を基に行われてきた意思決定や作業を自動化する、「工場オートメーション」だ。その正しい導入方法とは?

株式会社NTC

製造業におけるAIの導入効果が広く認知される一方、活用の難しさやコストなどの課題が普及を阻んでいる。これらをまとめて解決するのが、データ解析から異常検知、通知までをワンパッケージ化した低コストなAI・IoTソリューションだ。

一般社団法人Edgecrossコンソーシアム

DXの取り組みが遅れていた食品製造業に、新たなソリューションが生まれた。Edgecrossは小規模な企業でも小さくスタートし、豊富な選択肢で現場に合わせた段階的な改善を可能にする。労働生産性の向上、食の安全、食品ロス削減を実現する。

一般社団法人Edgecrossコンソーシアム

製造業の生産性向上や新たな付加価値の創出に欠かせない、IoTの活用を最大化するエッジコンピューティング。ITシステムが複雑化し、その活用が困難になる中で注目される、異なる技術要素を吸収できるプラットフォームを紹介する。

関連記事

5分で読める簡単解説:

IoT活用やCPS進展の中で、あらためて脚光を浴びている「エッジコンピューティング」。このエッジコンピューティングはどういうことで、製造業にとってどういう意味があるのかを5分で分かるように簡単に分かりやすく説明します。

(2020年4月8日)
製造業IoT:

IDC Japanは、国内のエッジコンピューティング市場に関する調査結果を発表した。現在、IoT関連のビッグデータ処理の経済性向上を目的として、エッジコンピューティングを活用したいと考える企業が増加しているという。

(2018年10月25日)
リアルタイムOS列伝(1):

IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第1回は、リアルタイムOSのここ最近10年の動向について概説する。

(2020年4月21日)
FAニュース:

「Edgecrossコンソーシアム」は2021年3月29日、同団体の活動報告や2021年度の基本方針などを説明する「Edgecrossフォーラム2021春」を開催した。2022年4月からEdgecrossコンソーシアムの幹事企業にトレンドマイクロが参加予定。

(2021年3月29日)
海外医療技術トレンド(73):

本連載第71回で、米国の医療AIの市場動向を取り上げたが、今回は医療分野の拡張現実(AR)/仮想現実(VR)と5G/エッジコンピューティングの適用動向を紹介する。

(2021年7月16日)
FAニュース:

レノボ・ジャパンは2021年7月6日、エッジコンピューティングの専門ブランド「ThinkEdge」を立ち上げ、専用端末「ThinkEdge SE30」「ThinkEdge SE50」を発売すると発表した。

(2021年7月7日)
MONOist 2018年展望:

2017年はスマートファクトリー化への取り組みが大きく加速し、実導入レベルでの動きが大きく広がった1年となった。現実的な運用と成果を考えた際にあらためて注目されたのが「エッジリッチ」「エッジヘビー」の重要性である。2018年はAIを含めたエッジ領域の強化がさらに進む見込みだ。

(2018年1月11日)
MONOist 2021年展望:

リテール分野にAIを活用する動きが広まっている。その中でも本稿は、AIカメラを用いた無人決済システム実現に向けた取り組みを取り上げ、2020年のニュースを振り返りつつ今後の展開を考えていく。

(2021年1月8日)

提供:株式会社NTC、一般社団法人Edgecrossコンソーシアム
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory編集部/掲載内容有効期限:2021年9月27日

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.