メディア

[PR]設備保全のデジタル革新〜熟練者に依存せず、工場の安定稼働を実現させるには〜

工場内には多くの機械や設備が存在し、これらの設備の停止は生産に大きな影響を及ぼします。熟練工の不足や、新型コロナウイルスの影響による移動制限など、従来の体制での設備保全が困難になっています。IoTなどデジタル技術の進展などで注目を集めているのが、機械の状態を監視し、異常の予兆を捉える「状態基準保全(Condition Based Maintenance、以下CBM)」です。本特集では設備保全の革新を可能にするCBMソリューション、データを分析・活用し予知保全を可能にするAI技術、保全業務全体を効率化・高度化を可能にするサービスソリューションなどに焦点を当てます。

Special Contents

株式会社日立システムズ

製造現場で求められる業務効率化や見える化――「製造業DX」が叫ばれているが、実際の現場では「今ある情報を把握するだけで大変」「何から取り組んでいいか分からない」といった切実な声が聞かれる。まず行うべき“現場のデジタル化”にあたり、何が必要なのか。

製品・ソリューション

株式会社日立システムズ

IoT導入やスマートファクトリー化は、製造業にとって喫緊に取り組むべき課題だ。しかし、現状を正確に把握できない現場も多く、一足飛びなIoT化は難しい。それらの変革を実現するために、まず現場のデジタル化に取り組みたい。

株式会社日立システムズ

製造現場において安定稼働と効率化を阻む要因となっているのが、モノ、ヒト、コトという生産リソースにアナログな領域が残存していることだ。これらのデジタル化を早急に実現するには、どのようなソリューションを利用すればよいのか。

関連記事

スマート工場最前線:

京都セミコンダクターは2020年12月10日、半導体の薄膜形成に必要なプラズマCVD装置などをIoT化する「スマートFAB」の取り組みを同年12月4日から開始した。同装置は25年以上前から使用している機器で、IoT化によって稼働状況を監視することなどで延命化し、装置買い替えのコストなどを削減する。

(2020年12月18日)
いまさら聞けない「アフター市場収益化」入門(1):

製造業のアフターマーケットが競争領域であるとの認識を持っている企業は決して多くない。本連載ではアフターマーケットがいかに収益に結びつくのかといった点に焦点を当て、事業的重要性や業務上の課題、今後の方向性等を解説する。

(2019年1月9日)
いまさら聞けない第4次産業革命(7):

製造業の産業構造を大きく変えるといわれている「第4次産業革命」。しかし、そこで語られることは抽象的で、いまいちピンと来ません。本連載では、そうした疑問を解消するため、第4次産業革命で起きていることや、必要となることについて分かりやすくお伝えするつもりです。第7回は、前回に引き続き「製造業のサービス化」についてご紹介します。

(2016年9月26日)
トヨタ生産方式で考えるIoT活用(2):

日本型モノづくりの象徴ともいうべき「トヨタ生産方式」。本連載では多くの製造業が取り入れるトヨタ生産方式の利点を生かしつつ、IoTを活用してモノづくりを強化するポイントについて解説していきます。第2回となる今回は、設備保全へのIoT活用のポイントについて紹介します。

(2015年11月5日)
スマートファクトリー:

「メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2019」(2019年7月24〜26日、東京ビッグサイト)のモノづくり特別講演会に、日本製紙 北海道工場 白老事業所 工務部長代理兼白老電装課長である藤山道博氏が登壇。「製紙工場における設備保全の取り組みとIoT(モノのインターネット)活用」をテーマに独自の保全ソリューション「e-無線巡回」を導入した効果や、今後の取り組みを紹介した。

(2019年8月20日)
MONOist 2018年展望:

2017年はIoTやAI技術の進展により、大型機械や設備の故障予知や予兆保全への取り組みが加速した1年となった。2018年は故障予知などを前提とした、センシングやデータ管理などが進み、予兆保全に関する各種製品開発やソリューションが数多く登場する見込みだ。

(2018年1月16日)
スマートリテール:

業務用冷凍機器などを開発するフクシマガリレイが、現在リテールAI分野の事業展開に挑戦している。ハードウェアメーカーの同社がリテールAI分野に進出する意図とは何か。本社に設置したオープンイノベーション拠点「MILAB」と併せて話を聞いた。

(2021年6月10日)
製造マネジメントニュース:

日本マイクロソフトは2019年6月25日、業種や用途に特化したデジタル変革を支援する「Microsoft Partner Network(MPN) for Industryパートナー プログラム」の開始を発表。合わせて、同パートナープログラムを利用し、業種に特化したデジタル変革のレファレンスアーキテクチャ(参照モデル)構築に取り組むDNPと富士フイルムがそれぞれの事例を発表した。

(2019年6月26日)

提供:株式会社日立システムズ
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory編集部/掲載内容有効期限:2021年9月27日

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.