調査・予測レポートを読む

アイティメディア 独自調査レポート

市場動向

IDC Japan 国内IT市場規模予測:

IDC Japanは、国内IT市場における産業分野別/企業規模別の市場規模予測(2017〜2021年)を発表した。

(2017年6月14日)
矢野経済研究所 国内PLM市場(2017年):

矢野経済研究所は、国内PLM(Product Lifecycle Management)市場に関する調査結果を発表した。

(2017年5月17日)
フロスト&サリバン:

フロスト&サリバンは、2017年のビジネスや産業、経済に大きな影響をもたらすことが予測されるトレンド「2017年:17のトレンド予測」を発表した。

(2017年3月24日)
ミック経済研究所 IoTソリューション市場動向 2016年度版:

各社IoTプラットフォームの充実が進む中、PoCから実証実験、実採用の流れが形成されつつあり、2017年度はIoT市場成長の年になりそうだ。

(2017年3月3日)
IDC Japan 国内IoT市場調査:

IDC Japanは、国内IoT(Internet of Things)市場における用途別/産業分野別予測を発表。2016〜2021年までの年間平均成長率(CAGR)は17.0%で、2021年には11兆237億円に達する見込みだという。

(2017年3月1日)
ガートナー クラウドERP利用動向:

ガートナー ジャパンは、日本国内におけるクラウドERPの利用動向に関する調査結果を発表した。

(2017年2月22日)
矢野経済研究所 3Dプリンタ材料世界市場:

矢野経済研究所は、3Dプリンタ材料の世界市場に関する調査結果を発表した。

(2017年2月14日)
矢野経済研究所 3Dプリンタ世界市場:

矢野経済研究所は「3Dプリンタ世界市場」に関する調査結果を発表。その中で2015年の出荷台数実績と、2016〜2019年の市場規模予測について紹介した。

(2017年1月10日)
矢野経済研究所 次世代型モニタリング 調査:

クラウドやビッグデータ、AIなどIoT関連技術を活用した遠隔監視ソリューションは既にテスト段階から普及段階へ進みつつある――。矢野経済研究所調べ。

(2016年12月22日)
ガートナー デジタル・ビジネスへの取り組み調査:

ガートナージャパンは、同社が実施した「日本企業のデジタル・ビジネスへの取り組みに関する調査」の結果を発表した。

(2016年12月21日)
ガートナー 国内ビッグデータへの取り組み:

ガートナー ジャパンは、従業員数500人以上のユーザー企業のITリーダーを対象に、ビッグデータへの取り組みに関する調査を実施し、その結果を発表した。

(2016年11月16日)
矢野経済研究所 国内CAD/CAM/CAEシステム市場調査:

矢野経済研究所は「国内のCAD/CAM/CAEシステム市場」に関する調査結果を発表した。

(2016年11月9日)
ニフティ IoTに関する実態調査:

ニフティが発表した「IoTに関する実態調査」の結果から、製造業におけるIoT導入・活用の今を探ってみたい。

(2016年10月20日)
IDC Japan 国内ITサービス市場ベンダー売上ランキング:

IDC Japanは、2015年の国内ITサービス市場のベンダー売上ランキングを発表した。

(2016年10月7日)
フロスト&サリバン アフリカ自動車市場:

フロスト&サリバンは、アフリカの自動車市場についての見通しを新たにまとめ、最新の分析結果を発表した。

(2016年9月28日)
IDC Japan 国内IoT市場企業ユーザー動向:

IDC Japanは、国内のIoT(Internet of Things:モノのインターネット)市場における企業ユーザー動向に関する調査結果を発表した。

(2016年9月20日)
矢野経済研究所 車載モータの世界市場:

矢野経済研究所は、自動車システムメーカーやモータメーカーなどを対象に「車載モータの世界市場」に関する調査を実施し、その結果概要を発表した。

(2016年9月14日)
IDC Japan 国内エッジコンピューティング市場:

IDC Japanは、「国内エッジコンピューティング市場」の分析結果を発表した。

(2016年9月5日)
産業用PC市場の現状と展望 2016年版:

長期間の利用に耐える保証体制が用意される産業用PC。製造業からの需要は落ち着きを見せ始めているが、非製造業からの需要増により、全体としては堅調な成長が見込まれる。ミック経済研究所による調査。

(2016年8月22日)
IDC Japan 国内IoT利用成熟度調査:

IDC Japanは、「国内IoT(Internet of Things)利用成熟度に関するユーザー調査結果」を発表。その結果から、組織全体のビジネス基盤としてIoTを活用している企業は“ごく一部”に限られていることが分かった。

(2016年8月12日)
IDC Japan 国内3Dプリンティング市場:

IT専門調査会社のIDC Japanは、国内3Dプリンティング市場の2013〜2015年の実績と、2016〜2020年の予測を発表した。

(2016年8月9日)
IDC Japan 国内タブレットソリューション動向調査:

IDC Japanは「国内タブレットソリューションに関するユーザー動向調査」を実施。企業が「今注目している技術」を聞いたところ「モバイル」を挙げる回答者が最も多く見られたという。

(2016年7月21日)
IDC Japan CIO調査:

IDC Japanは、国内企業のCIOや情報システム部門長、またはそれに準ずる立場の管理者を対象に、IT投資動向およびIT部門の課題/取り組みなどについてアンケート調査を実施。その分析結果を発表した。

(2016年7月20日)
矢野経済研究所 機械系CAE市場調査:

矢野経済研究所は、機械系CAE世界/国内市場に関する調査結果の概要を発表した。

(2016年6月28日)
IDC Japan 市場調査:

IDC Japanは、国内ビッグデータテクノロジー/サービス市場の2015年実績と2016〜2020年の予測を発表した。

(2016年6月23日)
IDC Japan 国内エンタープライズモビリティ市場:

IT専門調査会社のIDC Japanは、国内エンタープライズモビリティ関連市場について、2020年までの市場予測を発表した。

(2016年6月21日)
IDC Japan 国内EAソリューション市場:

IDC Japanは、「ERM」「SCM」「PLM」からなる、国内EA(Enterprise Applications)ソリューション市場の産業分野別予測を発表した。

(2016年6月9日)
フロスト&サリバン ビジネス機会と投資分析:

フロスト&サリバンは、イランにおける海外投資とビジネス機会に関する見通しをまとめた「イラン:グローバル企業に向けたビジネス機会と投資分析」を発表した。

(2016年6月1日)
IDC Japan 国内クライアントPC市場:

IDC Japanは、2016年第1四半期(1〜3月)の国内クライアントPC市場出荷実績値について発表した。

(2016年5月30日)
IT導入完全ガイド:

今後、ビッグデータやAI、IoTといった先端技術を取り入れた統合運用管理製品が続々と登場し、システム運用のさらなる効率化や自動化、品質向上がなされるだろう。そんなシステム運用管理の未来の姿を想像してみよう。

(2016年5月27日)
IDC Japan 国内IoTテクノロジー別予測:

IDC Japanは、国内IoT(Internet of Things:モノのインターネット)市場におけるテクノロジー別の予測を発表した。

(2016年5月26日)
課題は専門技術者とセキュリティ:

PwCは世界26カ国の製造業系企業(9業種)2000社以上を対象に、インダストリー4.0に関するグローバル調査を実施。その調査結果を発表した。

(2016年5月11日)
前年比わずか0.3%増:

ガートナー ジャパンは、日本企業のクラウドコンピューティングへの取り組みに関する調査結果を発表した。

(2016年5月2日)
ガートナー IoT調査:

ガートナー ジャパンは、日本企業のIoTへの取り組みに関する調査結果を発表した。その内容からIoTへの取り組みに対する国内企業の慎重な姿勢が浮き彫りとなった。こうした傾向は、矢野経済研究所が発表したビッグデータへの取り組み状況に関する調査結果からも見てとれる。

(2016年4月27日)
統計局 研究費動向:

総務省は、科学技術に関する研究活動の状態を把握することを目的に毎年実施している「科学技術研究調査」の結果を基に、「企業研究費における我が国の動向と主要国の特徴」について紹介した。

(2016年4月22日)
動向調査:

日立ソリューションズ東日本とジェムコ日本経営は、「製造業における在庫にまつわる課題の動向調査」の調査結果を発表した。

(2016年4月20日)
BCP策定状況:

地震などに代表される大規模災害が発生した際、あなたの企業は損害を最小限にとどめ、事業の継続および早期復旧が行える備えがあるだろうか? 内閣府が2016年3月に公表した「平成27年度 企業の事業継続及び防災に関する実態調査」からBCP(事業継続計画)策定の現状を見ていこう。

(2016年4月15日)
「業務に取り込み済み」は2.4%:

矢野経済研究所が実施したビッグデータ市場に関する調査によると、国内でビッグデータを活用している企業はごく一部という結果に。

(2016年4月15日)
IT導入完全ガイド:

「IoT(Internet of Things:モノのインターネット)」を理解し活用するための基礎知識として、IoTの全体像を整理する。

(2016年4月11日)
パナソニック アビオニクス CSS:

パナソニック アビオニクスの「キャビンサービスシステム(CSS)」がボーイングの新型旅客機「B777X」型機に採用された。

(2016年4月6日)
アナリストオピニオン:

最近、注目されるICTテクノロジーに「IoT(Internet of Things)」がある。IoTとは、携帯電話/PHS通信に準じた機器間データ通信である「M2M」をはじめ、家電やPC、スマートフォン、タブレット端末、人(SNSなど)、畜産・ペット、センサー、OA機器、家具、輸送機器などのモノをインターネット接続した仕組みを表す概念である。

(2016年4月6日)
IDC Japan 国内モバイルデバイス出荷台数:

IDC Japanは、国内モバイルデバイス市場における2015年の出荷台数実績および2016〜2020年の予測を発表した。

(2016年4月5日)
IDC Japan 国内レーザーMFP出荷台数:

IDC Japanは、日本国内におけるレーザープリンタ複合機市場に関する2015年の実績をまとめた「2015年国内レーザーMFP市場動向」を発表した。

(2016年3月18日)
モルフォ PhotoSolid:

モルフォは、同社の画像処理ソフトウェアの搭載本数の累計が2016年1月末時点で15億ライセンスを突破したことを発表。今後もさらなる事業拡大を計画しているという。

(2016年3月16日)
IDC Japan 国内携帯電話/スマートフォン出荷台数:

IDC Japanは、国内携帯電話機およびスマートフォン端末の2015年第4四半期および2015年通年の出荷台数を発表した。

(2016年3月7日)
EPO 年間レポート(2015年):

欧州特許庁(EPO)は2015年におけるEPOへの特許出願数について、日本が全特許出願数の13%を占め、第1位の米国、第2位のドイツに次ぐ、第3位となったことを発表した。

(2016年3月4日)

半導体・エレクトロニクス

富士経済 次世代パワー半導体市場調査:

より高い通電性と低電力損失を目指した素材の本格展開が進むパワー半導体。2025年にはSiCとGaNが1860億円の市場にまで成長するとの予測。富士経済調べ。

(2017年4月5日)
企業動向を振り返る 2017年1月版:

2017年1月のエレクトロニクス業界を語る上で避けられないのが、東芝の話題でしょう。メモリ事業の完全売却は避けられない状況にあると思われますが、ここに至るいきさつを整理しました。

(2017年2月24日)
ガートナー 半導体消費調査:

ガートナーが主要電子機器メーカーの半導体需要に関する調査結果を発表した。Samsung とAppleが引き続き大手半導体顧客としての存在感を発揮しているが、BBK Electronicsなど中国勢の躍進もあり市況の変化は激しい。

(2017年2月9日)
企業動向を振り返る 2016年12月版:

過去1カ月間のエレクトロニクス関連企業の動向をピックアップしてお届けする「企業動向を振り返る」。さすがに12月の動きは鈍く、業界を騒がせるような大型M&Aは見られませんでしたが、その予兆は既に現れているとの見方もあります。

(2017年1月25日)
企業動向を振り返る 2016年11月版:

過去1カ月間のエレクトロニクス関連企業の動向をピックアップしてお届けする「企業動向を振り返る」。年末が見えそろそろ落ち着いたかと思いきや、SiemensによるMentor Graphics買収という大型案件がありました。

(2016年12月21日)
SEMI 世界半導体製造装置統計:

SEMIが2016年第3四半期の世界半導体製造装置出荷額を発表した。出荷額は110億米ドルに達し、これは前期比5%増、前年同期比14%増となる金額だ。

(2016年12月12日)
戦略コンサルの論考を変革のヒントに(3):

戦略コンサルティング企業が発信する論考や調査レポートから、モノづくり業界の皆さんに示唆をもたらす記事を紹介する連載の第3回。今回は、ベイン・アンド・カンパニーのレポート「IoT市場でプロバイダーが成功する方法」を取り上げ、成功を妨げる“5つの落とし穴”を読み解きます。

(2016年11月9日)
企業動向を振り返る 2016年9月版:

過去1カ月間のエレクトロニクス関連企業の動向をピックアップしてお届けする「企業動向を振り返る」。2016年9月は、オンセミによるフェアチャイルドの買収が完了し「世界初のICメーカー」が消滅するなど、引き続き大きな動きがありました。

(2016年10月21日)
企業動向を振り返る 2016年8月版:

過去1カ月間のエレクトロニクス関連企業の動向をピックアップしてお届け! 2016年8月はどのようなM&Aや協業、あるいは事業撤退などが行われたのでしょうか? 各企業の経営戦略に注目です。

(2016年9月21日)
企業動向を振り返る 2016年7月版:

過去1カ月間のエレクトロニクス関連企業の動向をピックアップしてお届け! 2016年7月は、ソフトバンクグループによるARM買収や、Analog DevicesによるLinear Technology買収など、大きな買収劇が繰り広げられました。

(2016年8月18日)
矢野経済研究所 車載用タッチパネル市場:

矢野経済研究所は、車載用タッチパネル世界市場に関する調査結果の概要を発表した。

(2016年8月5日)
戦略コンサルの論考を変革のヒントに(2):

戦略コンサルティング企業が発信する論考や調査レポートから、モノづくり業界の皆さんに示唆をもたらす記事を紹介する連載の第2回。今回は、ボストン コンサルティングが提言する「ハードウェアメーカーがソフトウェアの世界で成功する方法」をピックアップ。その“5つのキーポイント”を読み解きます。

(2016年7月19日)
企業動向を振り返る 2016年6月版:

過去1カ月間のエレクトロニクス関連企業の動向をピックアップしてお届け! 2016年6月は、NXP Semiconductorsによる汎用ロジック/ディスクリート事業の売却合意や、ルネサス エレクトロニクスの社長兼CEO就任会見、ソニーの経営方針説明会などがありました。

(2016年7月11日)
企業動向を振り返る 2016年5月版:

過去1カ月間のエレクトロニクス関連企業の動向をピックアップしてお届け! 2016年5月は技術提携や業績発表のニュースが目立ちました。また、Appleが発表した中国の配車サービス大手への10億米ドルの出資にも注目が集まりました。

(2016年6月6日)
SEMI 半導体フォトマスク市場:

SEMIは、2015年の半導体フォトマスクの世界市場が33億ドルとなり、2017年には34億ドルに達することが予測されると発表した。

(2016年5月17日)
企業動向を振り返る 2016年4月版:

過去1カ月間のエレクトロニクス関連企業の動向をピックアップしてお届け! 2016年4月は、熊本地震の影響を受けた製造業各社の生産再開見込みに関する速報や、国内外の大手企業による人員整理の話題に注目が集まりました。

(2016年5月12日)
戦略コンサルの論考を変革のヒントに(1):

大企業の上級役職者や経営企画室メンバーでもなければ、仕事で関わる機会がほとんどない戦略コンサルティング企業。でも、モノづくり業界の皆さんにも役立つ論考や調査レポートを、実はたくさん発信しているのです。そうした情報を筆者がピックアップして紹介する本連載。今回は、マッキンゼー・アンド・カンパニーが2016年3月に公開した「アドバンスド・アナリティクスで半導体業界を改善する」を取り上げます。

(2016年4月18日)
SEMI 世界半導体材料販売額:

SEMIは、2015年の世界半導体材料販売額を発表した。

(2016年4月14日)
企業動向を振り返る 2016年3月版:

過去1カ月間のエレクトロニクス関連企業の動向をピックアップしてお届け! 2016年3月は経営再建に取り組むシャープ、東芝の話題に注目が集まりました。

(2016年4月12日)
SEMI 世界半導体製造装置販売額:

SEMIは、2015年における半導体製造装置の世界総販売額が対前年比3%減の365億3000万ドルであったことを発表した。

(2016年3月18日)
SMK CapSleek Touch:

SMKは、カーナビゲーションシステムや車載用センターコントロールなどをターゲットにした、静電容量方式曲面タッチパネル「CapSleek Touch」を発表した。

(2016年3月10日)
矢野経済研究所 パワー半導体市場:

2015年のパワー半導体世界市場規模は、前年比7.0%減の148億2000万ドルとマイナス成長となる見込み――。矢野経済研究所はパワー半導体の世界市場に関する調査結果を発表した。

(2016年2月26日)
SEMI シリコンウエハー出荷面積:

SEMIは、2015年の世界シリコンウエハー出荷面積が前年比3%増の104億3400万平方インチになったと発表した。

(2016年2月12日)

ネットワーク・セキュリティ

IDC Japan 国内産業用ネットワーク機器市場:

IDC Japanは、国内産業用ネットワーク機器市場に関する調査結果を発表した。

(2017年2月23日)
トレンドマイクロ セミナーレポート:

IoTやインダストリー4.0の本格的な到来により実現する「つながる工場」――。そこで得られるのは恩恵だけではない。必ずその影にはセキュリティリスクが潜んでいる。トレンドマイクロのセミナー「事例に学ぶ! 製造大手も始めた工場セキュリティの最新動向」から、製造業を取り巻く脅威動向とその対策について学ぶ。

(2017年2月7日)
トレンドマイクロ セミナーレポート:

IoTやインダストリー4.0の本格的な到来により実現する「つながる工場」――。そこで得られるのは恩恵だけではない。必ずその影にはセキュリティリスクが潜んでいる。トレンドマイクロのセミナー「事例に学ぶ! 製造大手も始めた工場セキュリティの最新動向」から、製造業を取り巻く脅威動向とその対策について学ぶ。

(2017年2月3日)
国内サイバー犯罪動向:

もはや製造業にとっても人ごとではないサイバー攻撃による脅威。現在、国内企業において注意すべき脅威は何か? 2016年11月までの最新の調査データを基に、トレンドマイクロが2016年の国内サイバー犯罪の動向と、今後注意すべき動きについて解説した。

(2017年1月19日)
IDC Japan ネットワーク設備投資市場:

IDC Japanは、「国内通信事業者のネットワーク設備投資市場」に関する2016年上半期の実績と、2016〜2020年の予測を発表した。

(2017年1月5日)
IDC Japan 国内情報セキュリティ成熟度調査:

国内企業は、情報セキュリティ対策にどこまで積極的に取り組んでいるのだろうか。IDC Japanが実施した「国内情報セキュリティ成熟度に関するユーザー調査」の結果を基に、国内における最新の情報セキュリティ対策事情を紹介する。

(2016年10月26日)
矢野経済研究所 国内センサーネットワークシステム市場:

矢野経済研究所は、国内センサーネットワークシステムに関する調査を実施。その結果を基に市場推移と将来予測を発表した。

(2016年7月27日)
IDC Japan ネットワーク設備投資市場:

IDC Japanは、国内通信事業者のネットワーク設備投資市場の2015年の分析と2016〜2020年の予測を発表した。

(2016年7月4日)
IDC Japan 国内企業向けネットワーク機器市場:

IDC Japanは、企業向けルーター/イーサネットスイッチ/無線LAN機器からなる「国内企業向けネットワーク機器市場」の2015年実績と将来予測を発表した。

(2016年6月8日)
QES PrintInsight for SKYSEA Client View:

紙の印刷物は、業種を問わずあらゆるシーンで多用されている。ある調査によると情報漏えいが発生した経路の最多が印刷物だという。しかし、文書印刷に対する情報漏えい対策を行っている企業はまだ少ない。

(2016年4月4日)
シスコ セキュリティレポート:

シスコシステムズは、最新のサイバー攻撃の脅威と動向をまとめた年次セキュリティレポート「Cisco 2016 Annual Security Report」を発表した。

(2016年2月19日)

先進技術(AI、ロボット、ウェアラブル、自動運転、医療)

フロスト&サリバン:

フロスト&サリバンは、今後5年間で世界的に大きなビジネス変革をもたらし、数兆ドル規模のビジネス機会を創出すると予測される新興テクノロジートップ50を発表した。

(2017年4月17日)
矢野経済研究所 コミュニケーションロボット市場調査:

会話に身ぶり手ぶりを交え「実用に耐える」コミュニケーションロボットの国内市場は、2020年に90億円に迫る勢い。案内や接客に続き、介護施設での需要が成長を呼ぶきっかけに。矢野経済研究所調べ。

(2017年4月12日)
矢野経済研究所 車載HMI/eコックピット世界市場:

矢野経済研究所は、車載HMI(Human Machine Interface)/eコックピットの世界市場に関する調査結果を発表した。

(2017年2月10日)
IDC Japan 世界ロボティクス関連市場予測:

IDC Japanは、世界のロボティクスおよび関連サービス市場の予測を発表した。

(2017年2月8日)
IDC 世界AR/VRヘッドセット市場規模:

VRとならぶ次世代の成長ドライバーと目されるAR(Augmented Reality)。GoogleやMicrosoftなどが取り組みを進める中、ARの活用を促進するユースケースとして有望視されているのが「ゲンバ」だ。

(2017年1月11日)
矢野経済研究所 自動運転システムの可能性と将来展望 2016:

複数の運転動作を組み合わせてドライバーを支援する、自動運転システム「レベル2」の搭載車が、2020年に500万台規模に達するという調査結果を矢野経済研究所が発表した。

(2016年12月28日)
ミック経済研究所 エンベデッドシステム・ソリューション市場の現状と展望:

ミック経済研究所が国内組み込みシステム市場の調査資料を刊行した。当面の成長ドライバーはやはり自動車。IoTについてもその経済的影響を調査している。

(2016年12月8日)
Fastask 人工知能(AI)&ロボット活用に対する意識調査【医療編】:

「病院での診断に人工知能を活用する」とは現実味を帯びているシナリオだが、来院する側の意識は「人工知能による診断」を受け入れることができるだろうか。ジャストシステムのネットリサーチサービス「Fastask」調べ。

(2016年11月30日)
シード・プランニング 中国医療機器市場についての調査:

シード・プランニングは、中国の医療機器市場に関する調査結果を発表した。2015年の医療機器市場(生産高)は前年比で11.6%増の4兆502億円となり、初めて4兆円の大台を突破した。同社では中国の医療機器市場は引き続き拡大すると見ている。

(2016年11月25日)
矢野経済研究所 AGV(無人搬送車)調査:

工場などで機材搬送に利用されているAGV(Automated Guided Vehicle:無人搬送車)。FA向けに堅調な成長が見込まれており、流通などにも広まる可能性を秘めている。

(2016年10月19日)
アナリストオピニオン:

今回は、自動車産業の将来を見据えつつ、自動運転時代を目前に控えて大きく変貌しようとしている車載HMIについて考察する。

(2016年9月27日)
フロスト&サリバン調査:

ある調査では2030年までには世界の自動車、7台に1台が自動運転機能を備えると予測されているが、「事故の低減」や「優れた運転体験」の実現が、自動運転技術を導入拡大する主な要因にはならないという指摘もある。

(2016年8月30日)
2020年に189億ドル規模へ:

フロスト&サリバンは、一般消費者向けの“健康管理用ウェアラブルデバイス”と、“医療・臨床グレードウェアラブルデバイス”を対象にしたリサーチ分析「医療用ウェアラブルデバイスの戦略分析」を実施。その概要を発表した。

(2016年8月1日)
矢野経済研究所 ADAS用キーデバイス/コンポーネント世界市場:

矢野経済研究所はカーエレクトロニクスメーカー、半導体メーカー、自動車メーカーを対象に、ADAS用キーデバイス/コンポーネント市場に関する調査を実施。その調査概要を発表した。

(2016年7月22日)
矢野経済研究所 国内介護ロボット市場:

矢野経済研究所は、国内介護ロボット市場に関する調査結果を基に、2020年までの市場規模推移と予測を発表した。

(2016年7月4日)
シード・プランニング ロボット市場予測:

シード・プランニングは、「コミュニケーション&テレプレゼンスロボット」に関する調査を実施し、結果レポートの概要を発表した。

(2016年6月29日)
シード・プランニング:

シード・プランニングは、日本における遠隔診療サービスの市場規模予測を発表した。

(2016年6月22日)
NRIメディアフォーラムより:

「第233回NRIメディアフォーラム」(主催:野村総合研究所)の中で紹介された「『サービスロボット』の最新動向」を基に、サービスロボットの今とこれからについて説明する。後編では「サービスロボットの現在の利用シーン」と「今後の展望」について取り上げる。

(2016年4月14日)
NRIメディアフォーラムより:

「第233回NRIメディアフォーラム」(主催:野村総合研究所)の中で紹介された「『サービスロボット』の最新動向」を基に、サービスロボットの今とこれからについて説明する。前編では「なぜ、今サービスロボットなのか?」について取り上げる。

(2016年4月5日)
クロス・マーケティング コミュニケーションロボット調査:

コミュニケーションロボットが店舗などで接客を行うシーンが増えてきた。こうした状況に対し、実際に接客を受けたことのある人や、コミュニケーションロボットの存在を知っている人はどのような意識を持っているのだろうか?

(2016年6月7日)
アナリストオピニオン:

ロボットによる接客に注目が集まっている。これまでロボットといえば多くは製造現場で溶接や部品の取り付けなどを行う産業用ロボットを指していた。しかし近年、ロボットの活躍の場がサービス業にも広がりつつある。

(2016年4月27日)
シード・プランニング ドローン市場予測:

今後、産業用ドローン市場はどのように成長していくのだろうか? シード・プランニングが発表した「産業用無人飛行機・ヘリコプター(ドローン)の市場予測」を基に見ていこう。

(2016年5月17日)
矢野経済研究所 ウェアラブルデバイス市場:

これから先、ウェアラブルデバイス市場はどのように成長していくのだろうか? 矢野経済研究所が発表したウェアラブルデバイス市場に関する調査結果の内容を基に、2015年の実績、2016年の見通し、そして2020年の将来予測について見ていこう。

(2016年5月20日)
富士キメラ総研 4K・8Kビジネス/市場の全貌:

富士キメラ総研は、4K・8K対応関連機器/システム、主要デバイス、有望分野/用途に関する調査を実施。その結果を報告書「4K・8Kビジネス/市場の全貌 2016」にまとめた。

(2016年4月7日)
シード・プランニング 電子カルテ/PACS市場調査:

シード・プランニングは、電子カルテと医用画像ネットワークシステム(PACS)に関する調査を実施。その調査結果を「2016年版 電子カルテの市場動向調査」にまとめた。

(2016年4月13日)
フロスト&サリバン AI活用の展望:

フロスト&サリバンの調査「ヘルスケア業界における人工知能(AI)活用の展望」によると、ヘルスケア業界向け人工知能システムの世界市場は、2015年から2021年にかけて年平均成長率42%で成長するという。

(2016年4月11日)
ガートナー IoT技術動向:

ガートナーは、今後2年間を通じて、全ての企業・組織にとって重要性が増してくるであろう「IoT(Internet of Things)」テクノロジートレンドのトップ10を発表した。

(2016年3月15日)

電力・エネルギー

矢野経済研究所 国内M2M市場調査:

矢野経済研究所は「国内M2M市場に関する調査」を実施し、その結果を発表した。

(2017年4月19日)
ミック経済研究所 データセンタ市場調査:

ミック経済研究所は、国内のデータセンター市場と消費電力量に関する調査結果をまとめた「データセンタ市場と消費電力・省エネ対策の実態調査」を発刊した。

(2016年3月23日)
VSN 電力自由化に関する意識調査:

VSNは、関東在住のビジネスパーソンを対象に実施した「電力自由化に関する意識調査」の結果を発表した。

(2016年3月11日)

人材・キャリア

製造業アンケート:

いまこそIoT導入のタイミングと考える製造業は多いと思われるが、実際にはどうなのだろうか? 製造業大手15社のIoT導入の“いま”と、IoT導入で顕在化した求められる技術者像をアンケートで探った。

(2017年4月28日)
fabcross for エンジニア 残業時間調査:

fabcross for エンジニアは、残業時間についてのアンケート調査結果を発表した。

(2017年4月10日)
fabcross for エンジニア 開発言語とOS調査:

エンジニアのためのキャリア応援マガジン「fabcross for エンジニア」は、200人の製造業エンジニアを対象に、「組み込みエンジニアが『業務で使う』『好きな』開発言語/OS」に関する調査を実施、その結果を発表した。

(2017年2月2日)
エン・ジャパン カイシャの評判:

エン・ジャパンが運営する企業クチコミサイト「カイシャの評判」は、製造業界の「風通しが良い」企業ランキングを発表した。

(2017年1月10日)
ヘイズ 求人予測:

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンは、2017年の国内転職市場で求人が増加すると思われる5つの職業について発表した。

(2017年1月6日)
エン・ジャパン 退職のきっかけ:

エン・ジャパンが運営する総合求人・転職支援サービス「エン転職」は、「退職のきっかけ」についてのアンケート調査結果を発表した。

(2016年12月28日)
ビズリーチ 転職活動の企業選び:

20代向けレコメンド型転職サイト「キャリアトレック」は、転職活動の企業選びに関する調査結果を発表した。

(2016年12月2日)
インターワークス 製造業平均時給:

インターワークスが運営する製造業求人情報サイト「工場ワークス」は、2016年10月度の製造業平均時給(エリア別、業種別、職種別)を発表した。

(2016年11月24日)
エン・ジャパン 転職後の年収:

転職支援サイト「ミドルの転職」は、転職後の年収についてのアンケート調査結果を発表した。

(2016年11月18日)
エン・ジャパン 転職とお金:

エン・ジャパンが運営する転職支援サービス「エン転職」は、「転職とお金」についてのアンケート調査を実施。2016年6月にその結果を発表した。

(2016年7月20日)
DODA 知識・スキルに関する調査:

転職サービス「DODA(デューダ)」は「ビジネスパーソンが仕事において必要だと思う知識・スキルに関する調査」を実施し、その結果を発表した。

(2016年6月23日)
エン・ジャパン AI意識調査:

エン・ジャパンが運営する人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」は、「AI(人工知能)に代替される仕事、されない仕事」についてのアンケート調査結果を発表した。

(2016年6月15日)
キャリア調査:

「fabcross for エンジニア」は、「仕事で利用するツール/システム」に関するアンケート調査を実施し、2016年4月にその結果を発表した。

(2016年5月11日)
人工知能 市場予測:

「人工知能(AI)」が近い将来、自分たちの仕事を奪うのでは? ガートナー ジャパンが発表した意識調査の内容と、矢野経済研究所が予測する人工知能が活用される産業分野について取り上げる。

(2016年4月22日)
エン・ジャパン 2016年の中途採用:

中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」は、「2016年の中途採用」についてのアンケート調査結果を発表した。

(2016年4月20日)
エン・ジャパン 退職理由のホンネとタテマエ:

人事担当者向け中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」は、「退職理由のホンネとタテマエ」についてのアンケート調査結果を発表した。

(2016年4月5日)
工場ワークス 平均賃金調査:

製造業求人情報サイト「工場ワークス」を運営するインターワークスは、2016年2月度の製造業平均時給についての調査結果を発表した。

(2016年3月11日)
Great Place to Work Institute Japan:

Great Place to Work Institute Japanは、日本における「働きがいのある会社」ランキングの2016年版を発表した。

(2016年3月7日)
ロバート・ウォルターズ グローバル給与調査:

ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、日本を含む世界24カ国の雇用動向と職種・業種別の給与水準をまとめた「グローバル給与調査 2016」で2015年の傾向と2016年の雇用動向見通しを発表した。

(2016年2月12日)
ビズリーチ 理想のキャリア:

20代向け転職サイト「careertrek」などを展開するビズリーチは、5年後の理想のキャリアに関するアンケートを実施し、その結果を発表した。

(2016年2月5日)
エン・ジャパン 中小企業で働くこと:

人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」を運営するエン・ジャパンは、「中小企業で働くこと」に関するアンケート調査結果を発表した。

(2016年2月3日)
エン・ジャパン 年収アップ転職の実現:

人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」を運営するエン・ジャパンは、「年収アップ転職の実現」の調査結果を発表。50%が転職を機に年収が「上がった」と回答している。

(2016年1月22日)
エン・ジャパン 出世する人、しない人:

人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」を運営するエン・ジャパンは、「出世する人、しない人」についてのアンケート調査結果を発表した。

(2016年1月15日)
インテリジェンス 平均年収ランキング:

転職サービス「DODA(デューダ)」を運営するインテリジェンスは、「平均年収ランキング2015」を発表した。

(2016年1月13日)
エン・ジャパン 管理職:

人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」を運営するエン・ジャパンは、「管理職」に関するアンケート結果を発表。半数以上が「1年前に比べ、管理職求人は増えている」と回答した。

(2016年1月5日)