製造業IoTセキュリティ

「製造業IoTセキュリティ」をテーマに、関連する技術解説記事やダウンロード資料などをお届けします。

注目コンテンツ

レポート:

製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」では2017年11〜12月に、会員/読者を対象とした「製造業IoTセキュリティ」に関する調査を実施。調査の結果、製造業におけるセキュリティ対策の取り組み状況や課題、製造業IoTセキュリティへの投資意欲などが浮き彫りとなった。

オススメ記事

今こそ考えたい製造業IoTのセキュリティリスク:

製造業に革新をもたらすといわれる「IoT(Internet of Things)」。スマート化された工場の明るい未来だけがフォーカスされがちだが、ネットワークにつながることでもたらされるのは恩恵ばかりではない。本インタビュー企画では、製造業IoTを実現する上で重要となる「セキュリティ」にフォーカスし、製造業IoTで起こり得るセキュリティインシデントとその対策について紹介する。第3回は、IoTセキュリティの各種ソリューション、コンサルティングサービスを提供するマカフィーに話を聞いた。

(2017年10月26日)
シマンテック:

サイバー攻撃の猛威はとどまることなく、StuxnetやWannaCryの例を見ても分かるよう、対象には製造業も含まれてしまっている。そこでシマンテックは製造業に「5つのアドバイス」を贈る。

(2018年3月2日)
ワイヤレス通信アセスメントサービス:

PwCサイバーサービスは、Wi-Fiや特定小電力無線などの“ワイヤレス通信のセキュリティリスク”を調査および検証する「ワイヤレス通信アセスメントサービス」の提供を開始。一連のアセスメントを通じて、ワイヤレス通信におけるセキュリティ対策の課題を明確にし、適切な対策を促したい考えだ。

(2018年2月23日)
制御システムセキュリティカンファレンス:

製造業も被害受けた、身代金を要求するランサムウェア「WannaCry」は大きな衝撃を与えたが、制御システムセキュリティ(ICS)を取り巻く現状とは一体どうなっているのだろうか?今回で10回目を迎えるカンファレンスから、ICSの「現在と展望」を紹介する。

(2018年2月21日)
今こそ考えたい製造業IoTのセキュリティリスク:

製造業に革新をもたらすといわれる「IoT(Internet of Things)」。スマート化された工場の明るい未来だけがフォーカスされがちだが、ネットワークにつながることでもたらされるのは恩恵ばかりではない。本インタビュー企画では、製造業IoTを実現する上で重要となる「セキュリティ」にフォーカスし、製造業IoTで起こり得るセキュリティインシデントとその対策について紹介する。第1回は、製造業向けにも多くのソリューションを提供しているカスペルスキーに話を聞いた。

(2017年2月20日)
4.0RU:

ドイツ「Industry 4.0」を筆頭にアメリカ「Manufacturing USA」、中国「中国製造2025」、そして日本でも「Society 5.0」が推進されている。そこに続こうとしている国の1つがロシアだ。「4.0RU」と名付けられた取り組みを紹介する。

(2017年12月27日)
今こそ考えたい製造業IoTのセキュリティリスク:

製造業に革新をもたらすといわれる「IoT(Internet of Things)」。スマート化された工場の明るい未来だけがフォーカスされがちだが、ネットワークにつながることでもたらされるのは恩恵ばかりではない。本インタビュー企画では、製造業IoTを実現する上で重要となる「セキュリティ」にフォーカスし、製造業IoTで起こり得るセキュリティインシデントとその対策について紹介する。今回は、既設/新設工場向けに、現場ニーズに適した各種セキュリティソリューションを提供するトレンドマイクロに話を聞いた。

(2017年3月30日)
安川情報システム MMsmartSecurity FS-Eye:

安川情報システムは、工場のネットワークセキュリティを高め、製造業における経営リスクの軽減に貢献する工場向けセキュリティソリューション「MMsmartSecurity」シリーズの第1弾として、不正通信検知サービス「MMsmartSecurity FS-Eye」の販売を開始した。

(2018年2月1日)
セキュアな工場、社会インフラの実現を支援:

NECはGEデジタルとの提携によるITおよびOT領域のサイバーセキュリティ強化支援を発表。産業制御システム向けの「OTセキュリティ・アセスメントサービス」と、GEの不正アクセス対策製品「OTセキュリティ・アプライアンス OpShield」の提供を開始する。

(2018年1月30日)
第2回 スマート工場EXPO|トレンドマイクロ:

トレンドマイクロは「第2回 スマート工場EXPO」において、萩原電気、アラクサラネットワークスらと共同開発した工場内脅威可視化ソリューション「In-Line Security Monitor」を参考出品。既設工場における早期異常検知と脅威の見える化を実現することで初動対応を早め、被害を最小限に抑えることができるという。

(2018年1月26日)
安川情報システム MMsmartSecurityシリーズ:

安川情報システムは、工場向けセキュリティソリューション「MMsmartSecurity」シリーズの販売を2018年1月から順次開始すると発表した。第1弾は、不正通信検知サービス「MMsmartSecurity FS-Eye」で、以降「MMsmartSecurity FS-Gate」「MMsmartSecurity FS-Block」を提供する。

(2018年1月11日)
Trend Micro DIRECTION 講演レポート:

トレンドマイクロ主催の情報セキュリティカンファレンス「Trend Micro DIRECTION」の講演「製造業の工場システム担当者が知っておくべき最新の工場セキュリティ動向」では、近年のランサムウェアの動向と製造業への影響、工場における具体的なセキュリティ対策の考え方について語られた。

(2017年12月4日)
シュナイダーエレクトリック Pro-face Connect:

シュナイダーエレクトリックは、HMI(プログラマブル表示器)ブランド「Pro-face by Schneider Electric」から、製造現場のセキュアリモートアクセスを実現する「Pro-face Connect」の販売を開始した。

(2017年11月1日)
NTTセキュリティ IT/OT統合セキュリティサービス:

NTTセキュリティが産業制御システム向けセキュリティサービス「IT/OT統合セキュリティサービス」を提供する。コンサルティングとマネージドセキュリティサービスの2つを大きな柱とし、海外展開も行う。

(2017年10月3日)

ランサムウェア「WannaCry」はITシステムのみならず、自動車生産拠点を稼働停止に追い込むなど猛威を振るい、亜種の発生もあっていまだに予断を許しません。WannaCryが浮き彫りにした生産システムが内包する「2つの問題点」と業務を守る「2つの対応策」を解説します。

(2017年7月26日)
調査レポートを読み解く:

トレンドマイクロとミラノ工科大学は共同で、産業用ロボットのセキュリティに関する調査を実施し、産業用ロボットへの不正アクセスの可能性について検証した。その調査レポートを踏まえながら、産業用ロボットのセキュリティリスクについて、トレンドマイクロの上田勇貴氏に話を伺った。

(2017年7月25日)
マクニカネットワークス SilentDefense:

マクニカネットワークスは、オランダのSecurityMattersと日本における代理店契約を締結し、産業用制御システム向けセキュリティソリューション「SilentDefense」の提供を開始すると発表した。

(2017年6月14日)
そのトラブル「サイバー攻撃」が原因かも?:

工場内の制御機器をサイバー攻撃などの脅威から守るためには、製造業向けセキュリティソリューションの導入が有効だ。しかし、安定稼働を重視する工場設備に導入するとなるとさまざまな困難が立ちはだかる。うまく工場セキュリティ対策を進めている企業はどのような視点でソリューションを選定し、課題を解決していったのか? 2つの事例から学ぶ。

(2017年5月22日)
トレンドマイクロ セミナーレポート:

IoTやインダストリー4.0の本格的な到来により実現する「つながる工場」――。そこで得られるのは恩恵だけではない。必ずその影にはセキュリティリスクが潜んでいる。トレンドマイクロのセミナー「事例に学ぶ! 製造大手も始めた工場セキュリティの最新動向」から、製造業を取り巻く脅威動向とその対策について学ぶ。

(2017年2月7日)
トレンドマイクロ セミナーレポート:

IoTやインダストリー4.0の本格的な到来により実現する「つながる工場」――。そこで得られるのは恩恵だけではない。必ずその影にはセキュリティリスクが潜んでいる。トレンドマイクロのセミナー「事例に学ぶ! 製造大手も始めた工場セキュリティの最新動向」から、製造業を取り巻く脅威動向とその対策について学ぶ。

(2017年2月3日)

特選ブックレット

特選ブックレットガイド:

新たに建設する工場であれば、あらかじめセキュリティリスクを考慮した“未然防止策”を適用できる。しかし、古い設備機器が数多く稼働している既設工場の場合、生産ラインの安定稼働に影響を及ぼしかねない後付けのソリューション導入やパッチ適用は敬遠される。そこで重要となるのが「セキュリティインシデントが発生することを前提とした取り組みと対策」だ。

(2018年2月9日)
特選ブックレットガイド:

これまで、多くの製造業の現場では、工場内のシステム自体が閉じられたものであるため、「セキュリティ上のリスクは存在しない」と考えられてきた。しかし、IT化/オープン化の進展により、制御システム周辺にもIT領域のOSやネットワーク技術が用いられ始め、マルウェアによる“意図しない感染”が急増しているという。しかし、これは始まりにすぎない……。

(2017年12月22日)
特選ブックレットガイド:

トレンドマイクロとミラノ工科大学は、産業用ロボットのセキュリティリスクに関する調査を実施し、その結果をレポートにまとめた。

(2017年9月1日)
特選ブックレットガイド:

ランサムウェア「WannaCry」はITシステムのみならず、自動車生産拠点を稼働停止に追い込むなど猛威を振るい、亜種の発生もあっていまだに予断を許しません。WannaCryが浮き彫りにした生産システムが内包する「2つの問題点」と業務を守る「2つの対応策」を解説します。

(2017年8月8日)
特選ブックレットガイド:

生産ラインの緊急停止――。これからは物理的なハードウェア故障だけでなく、サイバー攻撃の可能性も疑う必要があります。

(2017年6月9日)
特選ブックレットガイド:

なぜ多くのIoTデバイスが「Mirai」に感染してしまったのか? IoT時代の本格到来を前に、あらためてMiraiによる攻撃の手口と対策について考える。

(2017年5月26日)
特選ブックレットガイド:

工場内にある生産設備や制御機器をサイバー攻撃からどう守るべきか? 工場ならではの特殊事情を加味したセキュリティソリューション導入の秘訣(ひけつ)とは。

(2017年5月12日)
特選ブックレットガイド:

製造業IoTで起こり得るセキュリティインシデントとその対策について、カスペルスキーに話を聞いた。

(2017年3月31日)
特選ブックレットガイド:

製造業を取り巻く脅威動向と、今後注意すべき動きについて詳しく解説する。

(2017年3月3日)
特選ブックレットガイド:

製造業にとってもサイバー攻撃による脅威は人ごとではありません。

(2017年2月17日)