電気設計者の課題と解決

「電気設計者の課題と解決」をテーマに、関連する技術解説記事やダウンロード資料などをお届けします。

注目コンテンツ

レポート:

製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」では、2018年7月に製造業における「電気設計者の課題」に関する調査を実施した。調査では、問題視されている課題や課題解決の手法、ツール群への期待などが明らかになった。

おすすめ記事

新製品発表会|シーメンス:

シーメンスは、ミッドレンジ3D CAD「Solid Edge」の最新バージョンである「Solid Edge 2019」を発表した。ミッドマーケットに向けてポートフォリオを拡充し、機械設計のみならず、その他の周辺プロセスや業務に役立つ機能、ソリューション群の強化も図られている。

(2018年6月27日)
超速解説 デジタルツイン【設計領域】:

IoTを活用して取得したデータは、製造現場の“見える化”に代表される下流工程の改善だけではなく、上流の“設計”にも活用すべきだ。そのキーワードが、現実世界の製品の動きや振る舞いを、デジタル世界で完全にコピーする「デジタルツイン」である。本稿では、設計におけるデジタルツインの活用事例を交えながら、その概要と有効性を詳しく解説する。

(2018年5月17日)
特選ブックレットガイド:

転職活動で使える! 職務経歴書作成のポイントとは? 今回は電気制御設計者/電気電子回路設計者編をお届けします。

(2016年11月25日)
ワコム ECAD DCX Standard:

ワコムは、データベース型電気設計CAD「ECAD DCXシリーズ」の製品ラインアップを拡充。機能を電気設計で使用するものに絞ることで低価格化を実現した「ECAD DCX Standard」の提供を開始する。

(2017年2月27日)
シーメンスPLMソフトウェア NX:

シーメンスPLMソフトウェアは、RFLP(要件・機能・論理・物理)手法に基づくシステム駆動型製品開発ツール「NX」の最新版を発表した。

(2017年11月29日)
超速解説 PLM:

PLM(Product Lifecycle Management:製品ライフサイクル管理)とは、企業の利益を最大化することを目的に、製品の企画、設計から生産、販売、廃棄に至るまでのライフサイクル全体における製品情報を一元管理することである。近年、従来の製品データだけでなく、IoTにより得られた情報もPLMで管理しようという動きが活発化しつつあり、PLMの重要性が再認識されている。

(2017年6月29日)
産業社会におけるデジタル化の価値(1):

「デジタル化」とは何か? デジタル化が産業社会にもたらす変化と価値について、全4回で解説する。第1回は、今までの限界を突破し、企業組織の活動機能をあるべき姿に近づけていくことができるデジタル技術の可能性について取り上げる。

(2017年3月24日)
モノづくり企業が本当に必要としている技術者の応募書類(5):

技術者であるあなたが転職活動を行う際、どのような「履歴書」「職務経歴書」を作成していますか? 今回は“電気制御設計職”に焦点を当て、企業が求める人材像や電気制御設計者の働き方、具体的な転職事例などについて紹介し、職務経歴書を作成する前に知っておきたいポイントを伝授します。

(2016年8月8日)
CDNLive Japan 2017:

現在の技術トレンドである自動運転や人工知能などはハードとソフトが密接に関係しており、その開発の困難さは増している。効率的な開発を行うための設計と機能検証はどう行うべきか。日本ケイデンスのユーザーカンファレンスより紹介する。

(2017年8月1日)
ワコム ECAD DCX Standard:

ワコムは、データベース型電気設計CAD「ECAD DCXシリーズ」の製品ラインアップを拡充。機能を電気設計で使用するものに絞ることで低価格化を実現した「ECAD DCX Standard」の提供を開始する。

(2017年2月27日)
Zuken Innovation World 2016:

製品開発は法令順守や機器の高度化などで複雑化する一方であり、これまでの手法では限界を迎えつつある。オリンパスは医療機器開発において「基板」単位ではなく「機能」単位による製品開発を実現したが、どのようにしてその変革は成功したのか。

(2017年1月5日)
DisplayPort USB Type-C ALT Mode:

DP(DisplayPort)は映像出力インタフェースとして高い性能を持ち、更には物理的にUSB Type-Cのコネクターを用いる「USB Type-C ALT Mode」のサポートもあり、一層の普及が見込まれる。ここではDPの最新規格とALT Modeを含む製品実装時の留意点を紹介する。

(2017年9月26日)
ソリッドワークス・ジャパン SOLIDWORKS 2017:

ソリッドワークス・ジャパンは、3次元設計ソリューション「SOLIDWORKS」の最新バージョンである「SOLIDWORKS 2017」の国内販売を2016年11月1日より開始すると発表した。

(2016年10月5日)
モノづくり企業が本当に必要としている技術者の応募書類(6):

技術者であるあなたが転職活動を行う際、どのような「履歴書」「職務経歴書」を作成していますか? 今回は“電気電子回路設計職”にフォーカスし、職務経歴書を作成する前に知っておきたいポイントを詳しく紹介します。

(2016年9月6日)
National Instruments Multisim Live:

日本ナショナルインスツルメンツ(NI)は、Webベースで回路図の入力とシミュレーションが行えるSPICEシミュレーション環境「Multisim Live」のβ版を発表した。

(2016年7月21日)
メンター・グラフィックス HyperLynx:

メンター・グラフィックスは、PCB解析検証ツール「HyperLynx」の最新版を発表。SI/PI解析や3D電磁界ソルバ、高速ルーチンチェックなどが単一環境に統合されている。

(2016年4月15日)
東陽テクニカ PSV5000/LX:

東陽テクニカが大容量eMMCに適した高速書き込みシステム「PSV5000/LX」(米Date I/O製)を販売開始した。最高80MB/秒の書き込みで、最高1300個/時の生産が可能だ。

(2016年11月22日)
Loading