連載
» 2018年12月20日 09時00分 公開

製造現場のIoT活用を成功に導く5つのポイント(3):データ処理でキーとなる「クラウドサービス」と「エッジデバイス」 (1/2)

IoTコンサルタントとして、主に製造業でのIoT導入を支援してきた筆者の経験を踏まえ、工場(製造現場)におけるIoT導入を進める上で「まず考えておくべきこと」や「気を付けておきたいポイント」などを詳しく解説する。連載第3回は、データ処理でキーとなる「クラウドサービス」と「エッジデバイス」について取り上げる。

[中田佳孝/ハピクロ 常務取締役,TechFactory]

 前回の記事「PoC(概念実証)を実施すべき理由と検証時のポイント」では、IoT(Internet of Things)の取り組みの中で重要なポイントとなる「PoC(Proof of Concept:概念実証)」について説明しました。

 今回は、データ処理においてキーとなる「クラウドサービス」と「エッジデバイス」について取り上げたいと思います。


データの処理をどこで行うのか?

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading