ニュース
» 2018年12月17日 07時00分 公開

イーフォース:リアルタイムOS「μC3」がIoT機器のセキュリティを強化する「STM32L5」に対応

イー・フォースは、ArmのCPUコア「Cortex-M33」を搭載したSTマイクロエレクトロニクス製32ビットマイコン「STM32L5」に、国内OSベンダーとして初めて対応したことを発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

 イー・フォースは2018年12月4日、ArmのCPUコア「Cortex-M33」を搭載したSTマイクロエレクトロニクス製32ビットマイコン「STM32L5」に、国内OSベンダーとして初めて対応したことを発表した。

 このたびの対応により、IoT機器の省電力化、セキュリティ強化を実現するという。


安全性の強化、省電力化、生産性向上に貢献

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading