ニュース
» 2018年12月07日 07時00分 公開

ラインイベントゼロを目指し:オムロンとエイシングが提携、「次世代AI搭載コントローラー」などの開発を強化

オムロンは、組み込み型AIを手掛けるエイシングと提携し、制御機器用AIエンジンを共同開発したことを発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

 オムロンは2018年11月29日、組み込み型AIを手掛けるエイシングと提携し、制御機器用AIエンジンを共同開発したことを発表した。

 エイシングは、少ない学習数でも予測精度が高く、高速処理が可能なAIアルゴリズム「Deep Binary Tree」(以下、DBT)を保有するAIベンチャーである。

 オムロンはエイシングとともに、センシングしたデータの収集から制御へのフィードバックまでを瞬時に行うことが求められる“高度1〜10m”の製造現場において、製品不良の発生を予防する製造ラインの実現を目指す。

 両社は、DBTをベースに開発したAIエンジンを基に、「次世代AI搭載コントローラー」など、リアルタイム性が要求される各種制御機器の開発を進めていくとする。


製品不良が発生しない「ラインイベントゼロ」を目指すオムロン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading