ニュース
» 2018年12月06日 09時00分 公開

亀山電機やキヤノンITSなど4社共同でPoCを実施:ベルトコンベヤーの故障を未然に防ぐ、IoTを活用した予知保全システム

亀山電機、キヤノンITソリューションズ、toor、サイバネットシステムの4社は、ベルトコンベヤーの故障につながる予兆をいち早く検知する予知保全システムのPoC(概念実証)を実施すると発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

 亀山電機、キヤノンITソリューションズ、toor(トア)、サイバネットシステムの4社は2018年11月27日、ベルトコンベヤーに取り付けられた温度、振動などのセンサー情報に加え、ベルトの状態の2D/3D画像をIoTで取得、分析し、正常運転時との変化を可視化したMAPをモニタリングすることで、故障につながる予兆をいち早く検知する予知保全システムのPoC(概念実証)を実施することを発表した。


新たなMAP化手法により、機器全体の稼働状況を俯瞰可能に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading