特集
» 2018年11月21日 08時00分 公開

SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2018:余った外貨を電子マネーに! 「ポケットチェンジ」の筐体設計を支える町工場

海外旅行で余った外貨を自国で使える電子マネーなどに交換できるサービス「ポケットチェンジ」。既に日本全国の空港や街中など約30箇所に設置されている同サービス端末だが、筐体設計に「SOLIDWORKS」がフル活用され、一部パーツは3Dプリンタで製造されているという。

[八木沢篤,TechFactory]

「ポケットチェンジ」がSOLIDWORKS WORLD JAPAN 2018の会場に

余った外貨を電子マネーに交換できる「ポケットチェンジ」 余った外貨を電子マネーに交換できる「ポケットチェンジ」(SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2018の展示コーナーにて)

 海外旅行で余った外貨を自国で使える電子マネーなどに交換できるサービス「ポケットチェンジ」をご存じだろうか? まだ台数は限られるが、日本全国の空港や街中など約30箇所(2018年6月現在)にポケットチェンジ端末が設置されている。既に利用したことのある人もいるかもしれない。

 これまで行き場のなかった細かな硬貨や中途半端な紙幣を電子マネーに交換できる、ありそうでなかったサービスを開発したのは、2015年創業のベンチャー企業、ポケットチェンジ(サービス名と同じ)だ。

 都内近郊では羽田空港や成田空港に設置されている他、外国人観光客も多く訪れる新宿や渋谷の店舗などにも置かれているポケットチェンジ。今回、ソリッドワークス・ジャパン主催「SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2018」(東京会場/会期:2018年11月9日)の展示コーナー/浜野製作所ブースで、ポケットチェンジの実機を見ることができた(関連記事:バリアを壊すモノづくりに挑戦、「WHILL」が目指すパーソナルモビリティの未来)。

 以降、簡単にサービス内容に触れるとともに、筐体設計、量産におけるポイントや浜野製作所との取り組みについて紹介する。


交換できる通貨や対応サービスも充実、「ポケットチェンジ」のサービス内容

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading