ニュース
» 2018年11月06日 07時00分 公開

Manufacturing DX:OKI、スマート工場の実現を支援するIoT活用工場ソリューションを提供

沖電気工業(OKI)は、スマート工場の実現を支援するIoT(Internet of Things)活用工場ソリューション「Manufacturing DX」の提供開始を発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

3つの変革と4つの技術基盤で推進する工場のスマート化

 沖電気工業(OKI)は2018年10月22日、スマート工場の実現を支援するIoT(Internet of Things)活用工場ソリューション「Manufacturing DX」の提供開始を発表した。

 Manufacturing DXは、同社工場におけるIoT活用のノウハウおよび独自センシング技術、AI技術を集結、活用し、かつ多くの製造業顧客やビジネスパートナーとの共創を通じて製造業が抱える課題を解決し、スマート工場の実現を目指すものである。

 なお、提供価格は個別見積もりとなり、Manufacturing DX全体として今後3年間で50億円の売上を目指すという。


単なる“見える化”にとどまるデジタル変革を4つの技術基盤で加速

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading