特集
» 2018年10月22日 09時00分 公開

Industrial Cybersecurity 2018:「産業システムのセキュリティ対策、課題は山積み」――カスペルスキーが警鐘 (1/3)

Kaspersky Lab(カスペルスキー)は2018年9月20〜21日、産業システムのセキュリティにフォーカスしたカンファレンス「Industrial Cybersecurity 2018」をロシア・ソチで開催した。

[高橋睦美,TechFactory]
Industrial Cybersecurity Business Development担当長を務めるGeorgy Shebuldaev氏 Industrial Cybersecurity Business Development担当長を務めるGeorgy Shebuldaev氏

 古くは2010年に報告された「Stuxnet」、最近では安全計装システムをターゲットにした「Triton」のように、産業制御システム(ICS)をターゲットにしたサイバー攻撃は、単なる想像ではなく現実の脅威となりつつある。ロシアのKaspersky Lab(カスペルスキー)は2018年9月20〜21日にかけて、そんな産業システムのセキュリティにフォーカスしたカンファレンス「Industrial Cybersecurity 2018」をロシア・ソチにて開催した。

 同社でIndustrial Cybersecurity Business Development担当長を務めるGeorgy Shebuldaev氏は、デジタル化の進展に伴ってITとOTのつながりが増し、ICSを取り巻くリスクが上昇していることを指摘。必要以上におびえることはないが、現実を直視して適切に対処することの重要性を訴えた。


増加し続けるICSをターゲットにしたマルウェア、「マイナー」も登場

 カスペルスキーは、Industrial Cybersecurity 2018に併せてプレスブリーフィングを開催し、ICSを取り巻く状況を説明した。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading