ニュース
» 2018年10月03日 12時00分 公開

矢野経済研究所:国内POSターミナル市場、2017年度は大規模リプレースにより763億円規模に急拡大

矢野経済研究所は、国内POSターミナル市場の動向調査の結果を発表した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 矢野経済研究所は2018年9月3日、国内POSターミナル市場の動向調査の結果を発表した。2017年度は前年度比157.3%の約763億円に急拡大し、その後反転して2018年度には同80.5%の約614億円になる見込みだという。

 過去のPOSターミナル市場は、年間約12万〜15万台程度の出荷台数で推移しているが、2017年度は大手コンビニエンスストア(CVS)チェーンの機器リプレースが相次ぎ、一時的に需要が拡大して前年度比152.8%の22万6008台、同157.3%の762億9400万円となった。

 2018年度、2019年度は、CVSチェーンのリプレースに加え、決済手段の多様化やICクレジットカード対応、軽減税率導入、東京オリンピック・パラリンピック開催によるインバウンド需要対応など、各種決済関連の見直しに伴うリプレース需要が予想される。そのため、2018年度の出荷台数は18万5320台、出荷金額は614億1600万円になる見込みだ。

国内POSターミナル市場規模推移と予測 出典:矢野経済研究所 国内POSターミナル市場規模推移と予測 出典:矢野経済研究所

 注目トピックスとしては、近年導入が進むセルフレジが挙げられる。中でも、支払いのみ顧客が行うセミセルフレジが主流になりつつあり、同方式のレジで先行するメーカーの実績が伸長。他メーカーが追従している状況にあるという。

 なお同調査は、POSシステム関連事業者に対する直接面談、電話、電子メールによるヒアリングと文献調査によって、2018年6〜8月にかけて実施された。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading