ニュース
» 2018年09月25日 07時00分 公開

Volkswagenなどがパーツ製造に活用:生産性が50倍向上し、低コストで量産可能な金属3Dプリント技術「HP Metal Jet」

米HPは、最終製品として利用可能な金属パーツの量産に対応する、金属3Dプリンティングテクノロジー「HP Metal Jet」を発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

 米HPは2018年9月11日(米国時間)、最終製品として利用可能な金属パーツの量産に対応する、金属3Dプリンティングテクノロジー「HP Metal Jet」を発表した。

 HP Metal Jetは、機械的特性を持つ最終パーツを、他の3Dプリンティング方式と比較して最大50倍の生産性で製造でき、一般的なバインダージェッティング方式およびSLM(レーザー粉末焼結方式)と比較して、大幅な低コスト化が可能だという。

金属3Dプリンティングテクノロジー「HP Metal Jet」 HPはシカゴ国際工作機械見本市で、金属3Dプリンティングテクノロジー「HP Metal Jet」を発表した

 販売価格は39万9000ドル未満を予定。先行導入ユーザー向けには2020年後半から、一般向けには2021年から提供を開始する計画である。事前予約は、米国、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペインが対象となる。


VolkswagenやWiloが金属パーツ製造に「HP Metal Jet」を採用

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading