ニュース
» 2018年09月11日 09時00分 公開

AIユニットソリューション:不良品発生を最大65%削減、ルネサスとGEヘルスケア日野工場がAI活用で実証実験

ルネサス エレクトロニクスは、製造機械向け「AIユニットソリューション」を用いた実証実験を、GEヘルスケア・ジャパン 日野工場と共同で実施した。

[八木沢篤,TechFactory]

 ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は2018年9月4日、エンドポイントの組み込み機器へのAI導入を可能にする「e-AI(embedded-Artificial Intelligence)ソリューション」の一環である、製造機械向け「AIユニットソリューション」を用いた実証実験を、GEヘルスケア・ジャパン 日野工場と共同で実施したことを発表した。

 実証実験の結果、適用工程での不良品の発生を最大約65%削減し、大幅な生産性向上が可能であることを確認できたという。

 これまでルネサスは、自社の半導体工場で実証実験を行ってきたが、今回の成果により、他社の製造工場においても、AIユニットソリューションが有効であることを証明できたとする。


従来見えなかった微細な異常や不良を現場で瞬時に判定

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading