ニュース
» 2018年09月10日 12時00分 公開

CADmeister V13.0:3次元設計標準化支援機能などを追加した「CADmeister」の最新バージョン

日本ユニシス・エクセリューションズは、3次元統合CAD/CAMシステム「CADmeister(キャドマイスター)」の新バージョン「V13.0」を2018年8月下旬に発売すると発表した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 日本ユニシス・エクセリューションズは2018年8月20日、3次元統合CAD/CAMシステム「CADmeister(キャドマイスター)」の新バージョン「V13.0」を同月下旬に発売すると発表した。今後1年間で約5300ライセンスの出荷を見込む。


 V13.0では、3次元設計標準化支援機能を追加し、流用性のあるモデルや部品などのモデリングを効率化した。同製品とExcel間でパラメトリック寸法の値を共有し、ひな型設計や検図ツールとして活用できる。

Excel連携機能 出典:日本ユニシス・エクセリューションズ Excel連携機能 出典:日本ユニシス・エクセリューションズ

 プレス金型設計、樹脂金型設計向け機能を強化し、金型専用機能を充実させた。刃材にバックアップを設置する際、コーナーに逃がし部を容易に作成できるプレス金型向けコーナー部逃がし、形状作成機能も搭載している。

 また、樹脂金型向けのパーティング面作成機能を実装。簡単な操作でパーティングラインからパーティング面まで作成可能にした。さらに、形状特徴に応じた加工エリア分割を行い、エリアごとに加工パスを生成する曲面加工自動化機能を追加。製品ごとに標準手順を作成し、曲面加工を自動化する。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading