ニュース
» 2018年08月30日 09時00分 公開

OKIエンジニアリング:長期間かかっていた樹脂材料・製品の耐候性試験をわずか1日で行う受託サービス

OKIエンジニアリングは、樹脂材料および樹脂製品の耐候性加速試験を1日で行う試験受託サービスを、2018年8月17日から開始すると発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

長期間かかっていた耐候性試験がわずか1日に、評価方法も簡易化

耐候性加速試験の様子 耐候性加速試験の様子(出典:OKIエンジニアリング)

 OKIエンジニアリングは2018年8月15日、樹脂材料および樹脂製品の耐候性加速試験を1日で行う試験受託サービスを、同年8月17日から開始すると発表した。サービス利用の標準価格は1検体当たり24万円で、年間1000万円の販売目標を掲げる。

 同サービスの開始により、樹脂材料の選定などを行う樹脂メーカーや装置開発メーカーは、わずかな試料と1日という短期間で、樹脂材料および樹脂製品の耐候性加速試験の実施が可能となる。


耐候性加速試験を1日で行う試験受託サービス、その内容とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading