ニュース
» 2018年08月30日 18時00分 公開

特選ブックレットガイド:いまさら聞けない「XVL」入門

超軽量3Dデータフォーマット「XVL(eXtensible Virtual world description Language)」とは何か? そして、なぜ今注目されているのか? XVLが将来どのような効果を発揮し、価値をもたらすのかについて、3つの視点で解説する。

[TechFactory]

 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は『5分で分かる「XVL」』をご紹介します!

特選ブックレットガイド

「XVL」とは何か? 徹底解説

 ラティス・テクノロジーが2000年に開発した超軽量3Dデータフォーマット「XVL(eXtensible Virtual world description Language)」とは何か。そして、なぜ今注目されているのか。

 XVLが“第4次産業革命”を勝ち抜くための強力な武器として、どのような効果を発揮し、どのような価値をもたらすのかについて、3Dデータを軽量化することで全社における3D活用を目指す“Casual3D”、CADでは不可能なシステム検証を実現する“CAD+1”、設計の3Dデータ資産を全社で最大化する“XVLパイプライン”という3つのキーワードとともに詳しく解説する。

拡大し、重要度を増すXVLパイプライン 拡大し、重要度を増すXVLパイプライン
  • 3Dデータの大衆化“Casual3D”
  • あらゆるモノづくり情報をXVLの中で表現した“CAD+1”
  • XVLで実現する生産技術のための3D価値――“製造指示作成ソリューション”
  • XVLパイプライン――XVLにより実現する真のPLM
  • 3Dモデルを制御ソフトでコントロール――メカトロ検証ソリューション
  • 3Dデジタルツイン――XVLが映し出す未来

電子ブックレット[無料PDF]のダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、TechFactoryに掲載された特集記事「3D軽量ビュワーから製造業のデジタル変革基盤へと飛躍する『XVL』とは?」を基に制作しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading