ニュース
» 2018年08月29日 12時00分 公開

企業戦略:DMG森精機「5軸加工研究会」を発足、遅れが指摘される国内製造業の5軸化を推進

DMG森精機は全国70社の顧客企業とともに「5軸加工研究会」を発足。5軸加工機のスタンダード機である「DMU 50 3rd Generation」70機を貸し出す他、知見を持つDMG森精機のエンジニアを毎月2回派遣し、プライベートレッスンを行う。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 DMG森精機は2018年10月に70周年を迎えるのに合わせ、「5軸加工研究会」を発足する。

 IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)関連技術などの進展から工作機械業界でも工程集約の動きが加速し、5軸加工機への関心が高まっている。DMG森精機ではこの流れを加速させるため、全国70社の顧客企業とともに5軸加工研究会を立ち上げた。2018年8月7日には都内で5軸加工研究会発足式を実施した。


 全国70社の顧客企業には5軸加工機のスタンダード機である「DMU 50 3rd Generation」70機を貸し出す。さらに知見を持つDMG森精機のエンジニアを毎月2回派遣し、プライベートレッスンを行う。

DMU 50 3rd Generation DMU 50 3rd Generation

 顧客企業の工場で働く5軸加工機の操作に不慣れなオペレーターの育成や指導支援を行い、5軸加工機を使用してもらえるようにサポートする。さらに、今後5軸加工研究会において、空間精度や加工誤差補正などについての最先端研究を行う大学教授による講演や意見交換会なども開催する。

 5軸加工研究会の発足により、5軸化の遅れが指摘される日本国内の製造現場への5軸加工浸透などを推進していく方針だ。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading