ニュース
» 2018年08月28日 09時00分 公開

研究開発需要を見込む:GLMがオリックス子会社と提携、車両プラットフォームのレンタルサービスを開始

GLMは、オリックス・レンテックと業務提携し、電気自動車(EV)の心臓部に当たるプラットフォームのレンタルサービスを2018年8月20日から開始。主に研究開発用としての需要を見込んでおり、年間6社6台程度の利用を目指すという。

[八木沢篤,TechFactory]

 GLMは2018年8月14日、オリックス・レンテックと業務提携し、電気自動車(EV)の心臓部に当たるプラットフォームのレンタルサービスを開始すると発表した。

 プラットフォームは、車台(フレーム、シャシー、ステアリングなど)とパワートレイン(モーター、バッテリー、車両制御ユニットなど)で構成される車両の中核部分であり、1〜5年の期間、有償にて貸し出しを行う。

今回のレンタルサービスで提供されるプラットフォーム 今回のレンタルサービスで提供されるプラットフォーム(出典:GLM)

 EV向けの部品や素材、システムを開発する企業の試作品の搭載や動作確認など、研究開発用としての需要を見込んでおり、年間6社6台程度の利用を目指すとする。


EV分野への進出を支援するレンタル前のサポートプランも

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading