ニュース
» 2018年08月28日 12時00分 公開

東芝デバイス&ストレージ:Arm Cortex-Mコア搭載の民生・産業機器向けマイコンに新製品

東芝デバイス&ストレージは、Arm Cortex-Mコアを搭載した民生・産業機器向けマイコン「TXZ」ファミリーとして、「M3Hグループ」を新たに追加し量産を開始した。

[提供:EE Times Japan編集部,TechFactory]

Cortex-M3コアを採用、動作周波数は最大80MHz

M3Hグループの外観 M3Hグループの外観

 東芝デバイス&ストレージは2018年7月、Arm Cortex-Mコアを搭載した民生・産業機器向けマイコン「TXZ」ファミリーとして、「M3Hグループ」を新たに追加し量産を始めたと発表した。

 「M3Hグループ」は、Arm Cortex-M3コアを採用している。動作周波数が最大40MHzの標準的な「M3Hグループ(1)」と、動作周波数が最大80MHzでメモリ容量を拡張しパッケージ仕様も豊富な「M3Hグループ(2)」がある。これらの製品群によって、パッケージの端子数は32〜144端子まで13種類をサポート。内蔵するフラッシュメモリ容量は32kバイトから512kバイトまで用意した。応用機器に最適な仕様のマイコンを選択することができる。


 M3Hグループは、変換時間が1.5マイクロ秒の12ビットA-Dコンバーターや、8ビットD-Aコンバーターなどの高精度アナログ回路を集積した。これに加えてM3Hグループ(2)は、ブラシレスDCモーターなどのインバーター制御に適した独自のモーター制御回路A-PMD(Advanced-Programmable Motor Driver)を搭載している。これらの機能を搭載したことで、UARTやI2C、TSPI、タイマーなど汎用(はんよう)性の高い周辺回路を搭載しながら、高機能化と消費電力の低減を可能とした。

 この他、A-Dコンバーターの基準電圧を確認する自己診断機能、メモリを読み出すごとに誤り検出を行うRAMパリティ機能やCRC計算回路などを内蔵した。電源電圧は2.7〜5.5V。動作温度範囲は−40〜85℃である。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading