ニュース
» 2018年08月22日 09時00分 公開

マクニカネットワークス/日本ヒューレット・パッカード:IoT活用の簡単トライアルを可能にする「FogHorn スタート支援パッケージ」

マクニカネットワークスと日本ヒューレット・パッカードは、米FogHorn Systemsのフォグコンピューティングソリューション「FogHorn Lightning」を用いたIoT活用の簡単トライアルパッケージの提供を開始した。

[八木沢篤,TechFactory]

現行オペレーションに一切影響を与えることなく導入可能

 マクニカネットワークスと日本ヒューレット・パッカードは2018年8月7日、米FogHorn Systemsのフォグコンピューティングソリューション「FogHorn Lightning」を用いたIoT(Internet of Things)活用の簡単トライアルパッケージ「FogHorn スタート支援パッケージ」の提供開始を発表した。


 IoTやAIなどを活用した製造現場のデジタル変革が求められる一方で、既存の仕組みを変更することへの障壁や、スムーズに“使えるデータ”を抽出できないといった課題を抱える現場も多い。

 今回提供を開始したFogHorn スタート支援パッケージは、現行オペレーションに一切影響を与えることなく、産業システムが生成する大量のデータをリアルタイムに取得および成形できるソフトウェア、FogHorn Lightningを試すことが可能。「日々生成される大量のデータをオペレーション改善やAI実装に活用したいが、どこから始めてよいか分からない」といった課題に対し、歩留まり向上率、スクラップコストの削減、オペレーション時間の短縮といった効果の実測を実現する。

一連のデータ取得から解析、活用、出力までをリアルタイムに

 以下、FogHorn Lightningの特長を示す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading