Special
» 2018年07月30日 10時00分 公開

ILD Cloud Service:設計・解析現場のフロントローディング実践をCAEクラウドが救う

設計・解析現場では、CAEを活用したフロントローディングによる品質の早期作り込みが進められているが、本業である設計・解析業務以外の“システムの管理”が現場担当者に大きな負担を強いているケースも少なくない。このジレンマを解消する手だてとして期待されているのが、CAEクラウドサービスの活用だ。

[PR/TechFactory]
PR

 旧来の「コスト削減」や「持たない経営」といった課題解決としてではなく、「競争力の強化」という“より積極的な目的”のためにクラウド利用を求める企業が増えつつある。

 製造工程の上流に位置付けられる設計・解析の現場では、設計段階における品質シミュレーションへの要求レベルがこれまで以上に高度化・深化しており、設計者はオンプレミス環境のパフォーマンスや柔軟性に関する課題に直面している。また、製造現場のナレッジを十分に蓄えたIT人材の不足も相まって、設計者のシステム管理負荷をオフロードし、本業である設計・解析業務に集中できる企業環境の整備が急務となっている。

 しかし、現実に目を向けてみると、実際にどのようなクラウドサービスを選べばよいのか、その選択に悩む企業も少なくない。事実、設計・解析現場の要件、あるいは高度化する品質シミュレーション要求に見合うクラウド環境を、情報システム部門を介さずに設計・解析部門が独自で進めるには仕様のミスマッチを含めてリスクが大きい。一方で情報システム部門主導による、設計・解析者の意向や利用のしやすさなどを無視した“現場置いてきぼり”のクラウド導入だけは絶対に避けなければならない。

 ここでは、多くの設計・解析現場で導入され、豊富な実績を誇るクラウドサービスについて紹介するとともに、製造業におけるクラウド活用の具体例を提示する。

“競争力の強化”がこれまで以上に困難な製造業の実情

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部/掲載内容有効期限:2018年9月26日