ニュース
» 2018年07月25日 07時00分 公開

村田製作所:設備の非稼働要因を見える化し、生産性を最大化するソリューション「m-FLIP」

村田製作所は工場内の設備稼働データを収集して、設備の非稼働要因を“見える化”するソリューション「m-FLIP」の販売を2018年9月1日から開始する。

[八木沢篤,TechFactory]

 村田製作所は2018年7月11日、工場内の設備稼働データを収集して、設備の非稼働要因を“見える化”するソリューション「m-FLIP」の販売を、同年9月1日から開始すると発表した。

 近年、労働人口の減少に伴う人手不足が深刻化する中、工場などの生産現場では生産性の向上が重要課題となっている。このような状況を踏まえ、村田製作所では自社で利用してきた(m-FLIPの原型となる)ソフトウェアを、自社以外の企業にも提供すべく、生産性向上ソリューションとしてm-FLIPを製品化した。


IoTと村田製作所のノウハウで製造装置の稼働率を最大化

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading