ニュース
» 2018年07月02日 07時00分 公開

協働ロボット:川崎重工とABB、協働ロボットのインタフェースを開発

川崎重工とABBは「世界で初めて」共通の協働ロボットオペレーティング・インタフェースを開発したと発表した。

[渡邊宏,TechFactory]

 川崎重工とABBは2018年6月20日、協働ロボットのインタフェースを共同開発したと発表した。この開発したインタフェースは2017年に両社が結んだ協業の1つの成果で、スマートフォンのように操作できるナビゲーションとアイコンを有するシンプルなヒューマンインタフェースが含まれる。

photo 2017年の国際ロボット展で“共演”した川崎重工「duAro」とABB「YumI」(出典:ABB)

 運用に際して保護柵を必要とせず、作業員と共同で働くことができる協働ロボットは旧来からの産業用ロボットを追い越すペースで成長すると目されている。ただ、これまでロボットが導入されていなかった現場への普及に際しては動作のプログラミング(ティーチング)に関する容易さを高めることが必要といわれており、両社による取り組みはこの障壁を下げるものとなる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading