ニュース
» 2018年06月28日 09時00分 公開

DMS2018:「数年以内にトップを」――XYZプリンティングが産業用3Dプリンタ6機種を初公開

XYZプリンティングジャパンは、「第29回 設計・製造ソリューション展(DMS2018)」に出展し、産業用3Dプリンタ6機種を国内初公開。「世界に先駆けて日本で先行展開する」と産業用3Dプリンタ事業への本格参入をアピールした。

[八木沢篤,TechFactory]

EMSの強みを武器に、産業用3Dプリンタ事業を本格化

 XYZプリンティングジャパンは2018年6月20〜22日の3日間、東京ビッグサイトで開催された「第29回 設計・製造ソリューション展(DMS2018)」に出展し、産業用3Dプリンタ6機種を国内初公開。日本における産業用3Dプリンタ事業への本格参入をアピールした。

 EMS事業の強みを武器に、圧倒的な低価格戦略で個人ユースを含むデスクトップ3Dプリンタ(ローエンド3Dプリンタ)領域でシェアを伸ばしてきた同社だが、約2年前の「CES 2016」(2016年1月6〜9日)において産業用3Dプリンタ製品を発表しており、軸足を少しずつハイエンドの産業領域に向けてきた。

 XYZプリンティングジャパン セールス&マーケティング シニアディレクターの宇野博氏は「われわれがこれまでシェアを伸ばしてきたデスクトップ領域と、Stratasysや3D Systemsがビジネスを展開するハイエンドの産業領域との間にはギャップがある。その空白のエリア(市場)に対してEMSの強みを生かし、低価格で高品質な産業用3Dプリンタを順次投入する。世界に先駆け日本市場で先行展開し、日本の厳しい目を持つ製造業の皆さんに認めてもらった上でさらに拡販していく。数年以内に産業用3Dプリンタ市場のトップシェアを目指したい」と述べる。


 今回投入するのは「PartPro350 xBC」「MfgPro230 xS」「PartPro300 xT」「PartPro100 xP」「CastPro100 xP」「MfgPro220 xPF」の6機種。それぞれの特長は以下の通りだ。

CarbonのCLIPテクノロジーを超える!? 超高速3Dプリンタも

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading