Special
» 2018年06月19日 10時00分 公開

時代は「成果共創型ビジネス」へ:IoTを活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組み方

IoTを活用した新しいビジネスを創出し、デジタルトランスフォーメーションを実践するには。デジタル化がもたらすものは何か。事例と共に紹介する。

[ITmedia]
PR

 IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)の進展に伴い、もはや単なる業務の効率化だけではグローバル競争に勝ち残ることはできない。デジタルトランスフォーメーション(DX)によって業務を革新し、新たな市場やサービスを創出することが急務となっている。

 そうした中で東芝グループは、長年にわたり培ってきた多様な事業ドメインの知見と先進技術をIoTアーキテクチャ「SPINEX(スパインエックス)」として結集させた。またSPINEXのソリューションは、Microsoftとのパートナーシップに基づきクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」と連携することで、あらゆる企業のDXを推進するソリューションに発展している。以降で東芝グループのDXへの取り組みを詳しく紹介する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:東芝デジタルソリューションズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechFactory 編集部/掲載内容有効期限:2018年8月28日