ニュース
» 2018年06月12日 07時00分 公開

共同実証を米国子会社と開始:産業機械の最適な修理作業を自動提案、日立製作所がAIを活用したシステムを開発

日立製作所は、AI(人工知能)などの先進デジタル技術を用い、さまざまな産業機械の最適な修理作業を自動提案するシステムを開発し、製品化に向けて米国子会社のSullairと共同で実証実験を開始する。

[八木沢篤,TechFactory]

 日立製作所は2018年6月4日、AI(人工知能)をはじめとする先進デジタル技術を活用し、さまざまな産業機械の最適な修理作業を自動提案するシステムを開発し、製品化に向けて米国子会社のSullair(サルエアー)と共同で実証実験を開始することを発表した。

 具体的には、空気圧縮機の製造および販売を手掛けるサルエアーの自社工場やユーザーの空気圧縮機向けに同システムを適用し、性能検証と関連アプリケーションの開発を進める。


IoT非対応の既設機器でも修理サービスの効率化と品質向上が可能に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading